2011-07-19_1202.png

浦和レッズの初代監督で、GMも務めた森孝慈氏が腎盂がんで亡くなりました。67歳でした。

オフィシャルサイトにも「訃報」として出ていました。

浦和レッズの初代監督でゼネラルマネジャーも務められました、森 孝慈 様(享年67歳)が、本日、2011年7月17日(日)午前9時21分に、腎盂がんのため、ご逝去されました。 故人のご冥福をお祈りし、謹んでお知らせ申し上げます。

本当に浦和レッズのことが好きで、クラブを離れた後も心配してくれている人、という印象を持っていました。

唯一、森さんを間近に見たのは、今はなき浦和駅西口にあった地下一階の居酒屋で。

当時はアビスパ福岡のGMをされていたと思いますが、店に居合わせたサポーターからの“森コール”にこたえ「俺は浦和が大好きだー!」と絶叫されていたと記憶しています。

もう一度、浦和レッズでのGM職を見てみたい方でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

森孝慈さんが急死 五輪銅メダル、浦和創設に尽力

明るい性格で話し好き。お酒と焼き肉を愛した。浦和駅近くのガード下の焼き肉店が行きつけ。選手だけでなくスタッフや報道陣を「焼き肉に行くぞ!」と誘った。誰からも愛されたサッカー人がこの世を去った。

浦和初代監督の森孝慈氏死去…メキシコ五輪銅、日本代表監督務める

代表監督を退いた後、三菱自動車サッカー部のプロ化、浦和をホームタウンとする業務に奔走。浦和レッズのJリーグ参戦に尽力し、92年には初代監督に就任、2年間監督を務めた。95~97年は横浜Mのゼネラルマネジャー(GM)、98年には福岡監督を務め、02年、浦和GMとして再び戻り、数々のタイトルを獲得し、06年1月退任。退任後もたびたびスタジアムや練習場を訪れ、スタッフや選手、ファンと笑顔で会話し、浦和の街を誰よりも愛した。

メキシコ五輪銅「レッズの父」森孝慈氏急死

突然の悲報だった。一昨年に喉頭がんの手術を受けたが、順調に回復。1カ月前に膵臓(すいぞう)への転移が見つかって目黒区の病院に入院したが、経過は順調で18日にも退院の予定だった。ところが、容体が急変してこの日帰らぬ人となった。