2011-05-18_2224.png

児玉清、肝機能障害で無期限休養ということをお伝えしていたのですが、残念なことに訃報が届きました。2011年5月16日に、胃ガンで死去していたそうです。77歳でした。

児玉清さん死去、77歳胃がんという記事になっています。

所属事務所によると、今年2月下旬に体調不良を訴え、都内の病院で検査したところ胃がんが発見され、3月下旬から入院して治療に努めていた。がんは肝臓に転移し、先週末から容体が急変したという。

肝機能障害と伝えられていたのですが、胃ガンだったのですね‥‥。もう「アタック25」での声は聞かれないのですね。

児玉さんは、学習院大卒後、東宝第13期ニューフェースに合格し、58年に「隠し砦の三悪人」で俳優デビュー。67年にフリーとなり、水前寺清子の「ありがとう」シリーズ(TBS)で一躍人気者となった。01年、フジテレビ「HERO」で主演木村拓哉の上司役を務めた。

「アタック25」では「収録が終わると、最後の1人まで見学者を見送り、サインには相手の名前を聞いて書き込む、律義な人柄」だったそうです。

また「アタック25」では、追悼特別番組を放送する予定ということです。後任の司会には、代役を務める浦川泰幸アナウンサーが継続するようです。

児玉清のモノマネで知られる博多華丸は「『ドイツ語会話』のときも、『まだやってるの? もうそろそろいいんじゃない?』って言われたことがある。怒っていたという感じではなかった。新しいことにチャレンジしなさいってことと(受け)取らせていただきます」とコメントしています。

ドイツ語会話に「博多華丸・大吉」が出演したのも、児玉清の推薦だったようですね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

児玉清さんをしのぶ 水前寺清子「インテリで堅物と思っていたけど…」

水前寺清子(ドラマ「ありがとう」シリーズで共演)会う前はインテリで堅物と思っていたけど本当は優しくていい人。いつも「チータ、チータ」とかわいがってくれました。今年初めに二子玉川の高島屋で偶然お会いして「またご飯を一緒に食べようね」と笑顔で別れたのが最後。その時の顔が忘れられません。

児玉清さんをしのぶ 松本幸四郎「互いに大いに青春をおう歌 悲しい限り」

松本幸四郎(NHK「黄金の日日」などで共演)40年以上前、稲垣浩監督の「秘剣」でご一緒し、お互いに20代の若いころ大いに青春をおう歌し、撮影やロケの合間に楽しいときを過ごしたことが思い出されます。「染さんと僕は生まれも育ちも違うけどお互いに俳優として頑張ろう」と力強い言葉を投げかけてくれました。

「アタック25」元出題アナ 児玉清さんは「芸能界にまれな“紳士”」

豊島美雪(「アタック25」で84年から93年まで出題役を務めたフリーアナウンサー) 日本に、芸能界にまれな「紳士」だったと思う。かっこいいスーツ、大きなボストンバッグ、ピカピカの靴。英語やドイツ語のペーパーバックの本を読んでおられました。出演者の会議兼慰安旅行では、誰かの歌に合わせて私をおんぶして腰を痛められたこともあった。心遣いの細やかな方でした。

博学で安定感ある演技 児玉清さん 幅広かった活動の領域

洗練された容姿と博学を背景にした安定感で、俳優業にとどまらず幅広く活躍した児玉清さんは、1933年(昭8)12月26日、東京都生まれ。学習院大演劇部では篠沢秀夫氏(現学習院大名誉教授)らと活動した。

医者嫌いだった児玉清さん 胃カメラものまず 長女と同じ病で他界

児玉さんは昨秋に体調を崩した際、医者に胃カメラをのむように言われたが、医者嫌いとあって従わなかったという。02年には同じ胃がんで長女の奈央子さん(享年36)を亡くしている。

児玉清さん死去 末期状態だったがん 最期は45年連れ添った妻にみとられ

長男の大祐さん(41)によると、2月末に食欲不振を訴え、3月に入って検査を受けたところ胃がんが見つかった。同時に肝臓への転移も判明。同月下旬に都内の病院に入院したが、すでに末期状態で手術はできず、抗がん剤治療も十分に受けられなかった。

児玉清さん長男「やり残したことが多かったようでした」

報道陣に対応した長男の大祐さんは「切り絵がしたい、絵が描きたいと言い、やり残したことが多かったようでした。でも何より現場に戻りたかったはず」と児玉さんの思いを代弁した。遺体は16日深夜に都内の自宅兼事務所に戻り、好子さんがずっと寄り添っているという。

「児玉さんのおかげ」華丸 モノマネは“封印”の意向

遅咲きだった2人のブレークのきっかけは、華丸による児玉さんのモノマネ。華丸は「どんなオーディションも“フケすぎている”と落とされた。児玉さんのモノマネがなければ、たくさんの人の前に出ることもなかった」と最大の恩人であることを強調した。

児玉清さん死去…77歳、胃がん闘病2か月

最後の仕事は3月23日に収録したNHK BSプレミアムのPR用のミニ番組。同31日に予定されていた「パネルクイズ アタック25」の収録を欠席し、病院で治療に専念していた。しかし、14日に容体が急変し、15日に意識不明となった。最期は元女優で妻の好子さん(79)、大祐さんらがみとったという。

児玉清さん死去、亡き娘と同じ胃がん闘病

読書家としても知られ「子どもたちが本を読まない社会、国に未来はない。あらゆる人生が込められている活字の世界に触れることが大事」というのが持論。「翻訳が待ちきれない」と外国の本は原書で読み、分厚い新刊を月に4冊読破。蔵書は1万冊を数え、食堂まで山積みになっていた。テレビの書評番組や産経新聞の書評連載も好評だった。

児玉さん病室で切り絵、まりやジャケ写も

児玉さんは切り絵が趣味で、腕もプロ級。病室に道具や材料を持ち込んでいた。シンガー・ソングライター、竹内まりや(56)からオファーを受け、2008年5月に発売された竹内のシングル「幸せのものさし」のジャケットを手がけたことも。

幸せのものさし/うれしくてさみしい日(Your Wedding Day)

B0015DMNME