映画パンフレット 「土佐の一本釣り」 出演 田中好子/加藤純平/樹木希林

元「キャンディーズ」のメンバーで“スーちゃん”こと田中好子が、乳がんで亡くなりました。55歳でした。

元キャンディーズ、田中好子さん死去によると、亡くなったのは2011年4月21日19時4分でした。東京都港区の病院で亡くなりました。

2月から入院していたそうですが、それにしても55歳はまだ若すぎます‥‥。

スーちゃんが…突然の訃報がんと20年闘うによると、

田中さんは公表していなかったが、長年にわたってがんと闘っていた。結婚翌年の92年に左胸にがんが見つかったが、治療で克服。その後も右胸などにがんを患ったが、年に数回検診を受けていたことで早期発見され、そのつど克服してきた。

ということで、20年来の闘病を送られていたのだそうです。最後はがんは肺と肝臓に転移していたということです。

夫は白血病で亡くなった夏目雅子の兄、小達一雄氏です。「がんは憎い病気ですが、治らない病気ではない。妻も治してあげたかった」と会見で話しました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

GOLDEN☆BEST/キャンディーズ

B000067JP6

CANDIES FOREVER [DVD]

B000I6BLAE

キャンディーズ みごろ!ベストソングコレクション~永久保存版 [DVD]

B0046IN8OC

■関連記事

「キャンディーズ」スーちゃん、55歳で乳がん死…田中好子さん、闘病19年

ところが昨年10月。十二指腸から出血があり入院。今年2月、肺や肝臓にがんが転移していることが分かった。「転移していることは本人は知っていた。非常に強かったです。切に望んでいたのは、女優を続けたいということ。女優の仕事が大好きだった」と小達さん。

田中好子さんの夫・小達一雄さん会見「仕事が大好きでした」

病院に泊まり込んでいたという小達さん。「今朝『おはよう』と声をかけたら、応答がなかった。(最期は)痛みはなかったと思う」。記者から「どんな奥さんでしたか」と問われると、涙を浮かべ「最高です。ありがとうと言いたい。治してあげたかった」と声を絞り出した。

乳がん鎮痛剤使わず震災復興協力に意欲

病の床に伏しても、被災地のことを思う強い気持ちは闘病生活でも発揮された。積極的に治療に取り組み、小達氏も漢方薬など治癒の可能性のある、あらゆるものを飲ませたという。容体も急変までは安定し、がんの痛みを抑えるために一般的に使用されるような鎮痛剤も投与せず、痛みを予防するための座薬程度で済んでいた。

スーちゃんの実家にファン駆けつけ合掌

都内の田中さんの実家には、急死の報を聞きつけた地元の人たちやファンらが駆け付け、合掌する姿が見られた。会社員の男性(46)は「六本木で飲んでいて、ファン仲間から(亡くなったと)聞いて、すぐに来ました。体が悪いことは知っていたけど、まさかこんな早くに…」と言葉を振り絞った。

スーちゃん公式サイトに飛躍誓ったのに

田中さんは、自身の公式ホームページに「新年のごあいさつ」とした年賀状を掲載し、卯(う)年にちなんで「長跳(ちょうちょう)と…」と題したウサギの絵と、11年の抱負をつづっていた。文面には「軽やかな兔のごとく 長く遠くまで 跳ねつづける一年にしたいと思います」と、飛躍への意欲が記されている。

突然すぎる…キャンディーズ「スーちゃん」死去

55歳。東京都出身。午後10時半すぎには、夫で実業家の小達一雄さん(56)が記者会見。92年に乳がんが見つかり、一時は回復したが、今年2月に多臓器に転移したと明かした。

元々リードボーカルだったスーちゃん 伝説の番組で人気爆発

TBS「8時だョ!全員集合」でドリフターズのマスコット的キャラクターになり人気爆発。「年下の男の子」「春一番」などヒット曲を連発した。77年7月、東京の日比谷野外音楽堂で公演中、伊藤が「普通の女の子に戻りたい!」と叫び突然、解散宣言。78年4月、旧後楽園球場に5万人を集めた公演で解散した。

あいさつが返せないほど衰弱 田中好子さん 眠るように…

3月7日に都内でナレーションを務めるフジテレビのミニ番組「森のささやき」(火曜後10・54)を収録。番組関係者によると「今月に入ってまた収録をするスケジュールだったが、体調不良ということで休んだ」。3月29日放送分が最後となった。

遺体静かに搬出…遺族の強い意向で

田中さんの遺体は会見中も病院内に安置されていたが、搬出時は遺族の強い意向で報道陣を避け、そっと運び出された。

元キャンディーズ・田中好子さん、急死

女優魂を最後まで燃やす一方で、今年に入って見舞いに来てくれたキャンディーズの元メンバーで女優の伊藤蘭(56)と藤村美樹さん(55)には、みずからの死期が近いことを告げていた。伊藤はこの日訃報を受け、ショック状態に陥っている。

元「キャンディーズ」の田中好子さん死去

その後は、女優業に専念。平成元年公開の映画「黒い雨」では、原爆の悲劇に見舞われたヒロインを務め、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など多くの賞に輝いた。その他の出演作に映画「ひめゆりの塔」「明日への遺言」、テレビドラマ「家なき子」「ちゅらさん」など。

ランちゃん ミキちゃんもショック あれから33年一度も再結成されず…

78年に解散後、一度も再結成されることはなかったが、3人はプライベートで今でも会っており、親交を深めていたという。

伊藤蘭ショックでコメント出来ず

伊藤は09年夏に受けたインタビューで「今でもとても大切なものです。解散から30年以上たっても、ファンがいまだに忘れずにいてくれるのはありがたいこと」とキャンディーズに対する思いを語っていた。また「ミキちゃん、スーちゃんとは今でも仲良しです。外でお食事したり、うちに来てくれたり。いつも、『また遊ぼうね』と別れます」と答えていた。

「ちゅらさん」共演の国仲涼子、悲報に絶句…

主演の国仲涼子(31)は、関係者から悲報を伝えられ大きなショックを受けており、コメントを出せない状態という。

湯川れい子さん「信じられない」胸中吐露

田中さんの夫で実業家の小達一雄さん(56)の友人で作詞家の湯川れい子さん(72)はこの日、ツイッターで「元キャンディーズのスーちゃんこと、田中好子さんが亡くなった。私の永年の友人の奥さまだった。テレビ局から取材にいくと言われても、まだ信じられない」と悲痛な胸中を吐露。