自由な書風が特徴…榊莫山さんが死去という記事より。

ひょうひょうとした自由な書風で親しまれ、詩書画一体の芸術を追求した現代書家の榊莫山(さかき・ばくざん、本名斉=はじむ)さんが3日午前4時13分、急性心不全のため奈良県天理市の病院で死去した。84歳。三重県出身。

現代書家の榊莫山氏が亡くなりました。84歳でした。仙人のような風ぼうで愛称は「莫山先生」。焼酎「よかいち」のラベルを思い起こします。

2010-10-06_0803.png

旧制中学時代から書や油絵を学び、京都大で美学を学んだ。戦後、日本書芸院展や奎星(けいせい)会展で受賞を重ねたが、書壇の権威主義を嫌って離れ、30代で個展中心の活動に。

榊莫山 - Wikipediaによれば「エッセイなども多数著し、関連も含めると100冊を超える」ということです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

莫山日記

4620319627

草庵に暮らす

4000237225

大和千年の路 (文春新書)

416660158X

■関連記事

現代書家の榊莫山さんが死去

京都大文学部で美学を学び、1950年代後半から個展を中心に作品を発表。定型を離れた自由で豪快な書風を確立し、ひょうひょうとした詩書画で親しまれた。関西弁の飾らない語り口は、テレビや講演で多くのファンをひきつけた。

現代書家の「莫山先生」死去 84歳

仙人のような風ぼうから、愛称は「莫山先生」。焼酎「よかいち」のラベルや、NHK連続テレビ小説「甘辛しゃん」の題字も手掛けた。