Segway製造会社のオーナー、Segway運転中に事故で死亡という記事より。

電動2輪スクーターメーカーSegwayのオーナー、ジミ・ヘセルデン氏(62)がSegway運転中に事故で亡くなった。

Segwayオーナーであるジミ・ヘセルデン氏が、Segwayを運転中に事故死したと伝えられています。

自宅近くで亡くなったということで、Segwayは事故の詳細を明らかにしていないものの、Segwayで走行中に崖から転落して亡くなったようです。

セグウェイのオーナーが事故死--セグウェイ走行中に川に転落によれば、Segwayは私有地のみで走行が許可されているということです。

Hesco Bastionを創業したジミ・ヘセルデン氏は、2009年12月にSegwayを買収していました。

SegwayオーナーがSegwayを運転中に事故死ということで、どんな状況だったのか気になりますが‥‥崖から転落ということで、危険な場所をテスト走行でもしていたのでしょうか。