2010-08-29_1627.png

元プロレスラーで新日本プロレスリング顧問の山本小鉄氏が2010年8月28日、低酸素性脳症で亡くなりました。68歳でした。

新日本プロレスリングのウェブサイトで【訃報】新日本プロレスリング、山本小鉄さんが逝くとして伝えられています。

山本小鉄さんは1941年10月30日、神奈川県横浜市出身。1963年1月に日本プロレスに入門。星野勘太郎さんとのヤマハ・ブラサーズで活躍。1972年3月には、新日本プロレス旗揚げに参加した。

1980年4月に現役引退し、コーチに転身。“鬼軍曹”として熱血指導にあたりました。「ワールドプロレスリング」でテレビ解説者として活躍したのを、よく覚えています。
山本小鉄氏死去…68歳低酸素性脳症によれば、軽井沢で倒れ、呼吸困難の状態となったまま帰らぬ人になったということです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

山本小鉄の人生大学プロレス学部

4408451886

プロレス 金曜8時の黄金伝説 (講談社プラスアルファ文庫)

4062811138

■関連記事

山本小鉄さん急死 新日本プロレスの鬼軍曹

多くのレスラーをスター選手に育て上げた手腕は高く評価されており、教え子からも慕われていた。またタレントとして多くのバラエティ番組やCMなどに出演した。

元プロレスラー山本小鉄さん68歳で死去

後進の育成にも熱心で、その熱血指導ぶりから「鬼軍曹」とも呼ばれた。07年には仙台女子プロレスを指導するなど男女、団体を問わずプロレス界を盛り上げる活動を行った。

元プロレスラーの山本小鉄さん急逝

80年の現役引退後はテレビ朝日系「ワールドプロレスリング」で解説者としても活躍。近年はスポーツ専門チャンネル「J SPORTS」の新日本プロレス中継で解説を担当し、今月12日のG1クライマックス仙台大会、14日の両国国技館大会でも厳しくも愛にあふれるゲキを選手に飛ばしていた。