つかこうへいさん死去…早すぎる62歳という記事より。

日本の戦後演劇界に革命的な一時代を築いた劇作家、つかこうへいさんが10日に肺がんのため、千葉県内の病院で死去していたことが11日、分かった。62歳だった。

「熱海殺人事件」「蒲田行進曲」などで知られる劇作家のつかこうへいが、肺がんのために亡くなっていたことが分かりました。62歳でした。

つかこうへいが肺がんを告白したのが2010年1月でした。ヘビースモーカーだったけれど禁煙している、と伝えられていました。

つかさんは肺がんのため、千葉・鴨川市の亀田総合病院で抗がん剤治療などを続けてきたが、6月に入って危篤に近い状態となり、今月10日午前10時55分、家族に看取られながら、同病院で息を引き取った。

肺がんは早いのですよね‥‥。

新作「新・蒲田行進曲」が8月12日に開幕する直前でもありました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

初級革命講座 飛龍伝 (角川文庫) (文庫)

4041422434

■関連記事

つかさん、名優次々育てた情念の“鬼演出”

つかさんのペンネームは、在日韓国人2世だったことから、「いつか公平な世の中になるように」との思いを込めたとの説がある一方、65年3月に自殺した中核派の学生運動家、奥浩平(おく・こうへい)氏の名前が由来とする説も。全部平仮名にしたのは、「漢字が読めない母にも分かるように」と明かしている。