日本一のおばあちゃん役者…北林さん死去という記事より。

おばあさん役で親しまれた女優北林谷栄(きたばやし・たにえ)さん(本名・安藤令子=あんどう・れいこ)が4月27日午後8時40分、肺炎のため東京都世田谷区の関東中央病院で亡くなっていたことが6日、分かった。98歳。

20代から老け役を演じ「日本一のおばあちゃん役者」と言われた、女優・北林谷栄さんが亡くなっていたことが分かりました。

北林さんは03年を最後に公の場から姿を消していた。同年、63年の初演以来約450回演じた老婦人の神部ハナ役で参加した劇団民芸公演「泰山木の木の下で」、自らの半生を描いた一人芝居「蓮以子93になった」に主演後、一線から身を引いた。

高齢者専用の民間施設で、静かに余生を送っていたそうです。

おばあちゃんに見えるようにメークや衣装の研究を怠らず、映画「破戒」「ビルマの竪琴」「キクとイサム」「にあんちゃん」「地の群れ」「キューポラのある街」で真に迫るおばあちゃん役をみせ、数々の映画賞に輝いた。

数々の映画に出演されていますが、個人的にはやはりアニメ「となりのトトロ」のおばあちゃん役ですね。忘れることのできない声です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

となりのトトロ [DVD]

B00005NJLP

■関連記事

“おばあさん役”北林谷栄さん98歳大往生

優しい笑顔、細く高い独特の声、圧倒的な存在感で親しまれた名女優は23年、12歳のとき関東大震災を体験。理不尽に命を落とす人々を目の当たりにし、「世の中を変えたい」と女優を志した。

「日本一のおばあちゃん女優」北林谷栄さん98歳大往生

近年では「阿弥陀堂だより」(02年)、「黄泉がえり」(03年)などの映画、「となりのトトロ」の声優としても活躍した北林さん。出演作は舞台、映画、ドラマと数限りないが、「日本一のおばあちゃん女優」としての顔は70年以上。