4122051347

作家の井上ひさし氏が、肺がんで2010年4月9日に死去していたことが明らかになりました。ヘビースモーカーとして有名で2009年10月に肺がんが見つかり、抗がん剤治療を受けていました。

作家の井上ひさしさんが肺がんで死去によれば「笑いと社会批評を織り交ぜた戯曲や小説、エッセーを数多く発表、平和運動にも積極的に取り組んだ劇作家」と紹介されています。

上智大在学中に東京・浅草の劇場「フランス座」で文芸部員になり、執筆活動に。1964年放送開始の「ひょっこりひょうたん島」(共作)で注目を集め、72年に戯曲「道元の冒険」(71年初演)で岸田国士戯曲賞、小説「手鎖心中」で直木賞を受賞。

個人的には、小学生の時に読んだ「偽原始人」が印象的です。当時は、井上ひさしを井上ひさしとして認識せずに「面白いタイトルだから」と読んでいました。

偽原始人〈上〉 (井上ひさしジュニア文学館) (単行本)

4811372379

偽原始人〈下〉 (井上ひさしジュニア文学館) (単行本)

4811372387

重いテーマを楽しく、易しくというのが井上さんの姿勢。庶民的で偉ぶったところがまったくなく、わたしたちの時代を代表する作家の一人」と阿刀田高氏。

心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

井上ひさしさん 死去していた

渡辺美佐子さん主演の一人芝居「化粧」や「藪原検校」は海外でも高い評価を受けた。84年、自身の戯曲を上演する「こまつ座」を旗揚げ。広島で被爆した父と娘を主人公にした戯曲「父と暮せば」は黒木和雄監督で映画化もされた。

井上ひさしさん肺がんのため死去

幼いころの戦争体験から、反戦・反核や憲法擁護で積極的に発言。2004年には作家大江健三郎さんらと「九条の会」を結成した。日本ペンクラブ会長も務め、言論や平和を守る運動の先頭に立った。

マルチ作家の井上ひさしさんが死去

戯曲「しみじみ日本・乃木大将」「小林一茶」で紀伊国屋演劇賞と読売文学賞(戯曲部門)、「吉里吉里人」で日本SF大賞、読売文学賞(小説部門)。小説「腹鼓記」「不忠臣蔵」で吉川英治文学賞、「東京セブンローズ」で菊池寛賞など受賞多数。04年に文化功労者、09年に日本芸術院会員に選ばれた。