42歳の若さで…元漫才師の亀山房代さん死去という記事より。

吉本興業は25日、所属タレントの亀山房代さんが11月23日午前2時57分、心室細動のため、神奈川県内の病院で死去したと発表した。42歳だった。

ちょっとびっくりしたニュースだったのですが、吉本興業に所属しているタレント・亀山房代が心室細動で亡くなりました。42歳の若さでした。

亀山さんは、吉本総合芸能学院(NSC)の5期生として吉本入り。1989年に「ザ・ぼんち」を解散したばかりの里見まさとに誘われ、漫才コンビ「里見まさと・亀山房代」を結成し、上方漫才大賞を受賞するなど実力派漫才コンビとして評判となった。

2001年に入籍・妊娠でコンビを解散したということなので、まだお子さんも小さいですよね。

亀山房代のブログ「カメぶっく」

2009-11-26_1810.png

最後の更新は2009年11月9日です。11月25日には「訃報」というエントリーが更新されています。

弊社所属タレント・亀山房代(享年42歳 昭和42年3月10日生)が、11月23日午前2時57分、心室細動のため、神奈川県内の病院にて逝去いたしました。

自宅で倒れて…元お笑い芸人・亀山房代さん急死という記事によると、11月10日に自宅で倒れたそうです。

亀山房代さん急死…吉本興業タレントという記事によれば「自宅で睡眠中に発作を起こして一時心肺停止状態となった。一命を取りとめたが、意識不明の状態が続いていた」ということです。

心よりご冥福をお祈りいたします。

■関連記事

元相方・里見まさと悲痛…亀山房代さん急死

まったくのド素人からスタートし、まさとからしゃべりのノウハウを教わりながら成長。下ネタやギャグを一切使わない本格漫才で結成10年目の98年、上方漫才大賞の大賞を受賞した。

亀山房代さん急死、42歳 心室細動のため

心室細動とは、心臓の心室が小刻みに震え、全身に血液を送れなくなる状態。所属事務所によると、持病などはなく突然のことだったという。

タレント亀山房代さんが死去、42歳

吉本興業のお笑い養成学校NSCの5期生で、89年には元「ザ・ぼんち」の里見まさとと漫才コンビ「里見まさと・亀山房代」を結成し、その後解散した。01年に写真家と結婚し、翌年に長女を出産。

上方漫才大賞の亀山房代さん死去

タレントの亀山房代さん(かめやま・ふさよ)が23日午前2時57分、心室細動のため神奈川県の病院で死去、42歳。三重県出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。後日、お別れ会を開く。

元吉本の木村氏、亀山さん悲報にガックリ

いつも明るく元気だった亀山さんのタレント性を見いだした元吉本興業常務でフリープロデューサーの木村政雄氏(63)は、「さわやかな、いい子でした。まだ若いなぁ。これからじゃないですか…」と突然の悲報に肩を落とした。