板尾創路の長女が急死、2歳誕生日直前にという記事より。

お笑いコンビ130Rの板尾創路(46)の1歳11カ月の長女が急死したことが17日、分かった。関係者によると16日午後11時過ぎに意識不明になり救急車で病院に運ばれ、亡くなった。死因は不明だという。

板尾創路の1歳の長女が急死したそうです。死因は不明ということですが、親の気持ちを思うと、本当に言葉もありません。

板尾は98年に10歳下のOLと結婚。長女は07年9月21日に第1子として誕生した。エッセー「板尾日記3」では顔がそっくりだという長女を「ピッピ」と呼び、日々の成長をつづっていた。表紙に長女とのショットを掲載し、風呂に入れたこと、一緒にブランコに乗ったこと、2人で留守番して昼寝をしたことなどをつづり、愛情を注いでいた。

無事に生まれてくるか心配し、病気をしやしないか心配し、立ち上がるか心配し、言葉を話すか心配し、姿が見えなければ心配し、何かにつけて心配し。

板尾創路は「みなさまには、ご心配をおかけして申し訳ございません。この事実を受け止めるには、僕自身まだ時間がかかりそうですが、これからも仕事を頑張りますので、ご指導、鞭撻(べんたつ)の程、よろしくお願いします。板尾創路」というコメントを発表したそうです。

板尾創路悲痛、1歳娘が急逝…死因は不明という記事によれば、

赤ん坊の急死といえば乳幼児突然死症候群(SIDS)が知られ、ほとんどの場合、睡眠中に起こるとされ、乳児の約4000人に1人の割合で発生するという。

という病気が紹介されています。板尾創路の娘さんも、意識不明の状態になったのが23時ということなので、もしかすると、SIDSかもしれませんが。

突然、子どもがいなくなることほど、悲しく切なく苦しいことはありません。心よりご冥福をお祈りいたします。

板尾日記3 (単行本)

4898152325

■関連記事

板尾創路の長女が急逝…まだ1歳11カ月

関係者によると、長女は16日午後11時すぎ、突然、意識不明となり、救急搬送されたが、原因が分からないまま亡くなったという。

板尾創路悲痛、1歳娘が急逝…死因は不明

板尾は1998年に一般女性と結婚し、9年後の2007年9月、44歳にして一粒種の長女を授かった。溺愛パパぶりは有名で、エッセー本「板尾日記3」では“ピッピ”の愛称で登場する長女とのツーショットを表紙写真に使っていたほど。

板尾、長女の急死にコメント「受け止めるには時間が」

通夜、告別式は親族の希望により密葬で行い、この件について板尾の記者会見の予定はない。

板尾創路悲痛!長女が1歳10か月で急死

芸人仲間にも悲報を報告しており、同スタジオで別番組の収録を行った今田耕司(43)は「今日、電話を受けました。『こんな電話でごめん』と気丈に話してました」と神妙な面持ちで語った。

板尾創路、1歳長女急死「受け止めるには時間が…」

わずか1歳10カ月で愛娘がこの世を去った事実を受け入れることができず、悲嘆に暮れている。

板尾、長女の急死にコメント「受け止めるには時間が」

お笑いタレント、板尾創路(46)が18日、長女の英美(えみ)ちゃん(1歳10カ月)の急死を受けてFAXでコメントを発表した。