作曲家三木たかしさんが死去という記事より。

「時の流れに身をまかせ」「津軽海峡・冬景色」など多くの演歌・歌謡曲のヒットを生んだ作曲家三木たかし(みき・たかし、本名渡辺匡=わたなべ・ただし)さんが11日午前、死去した。64歳。

作曲家の三木たかし氏が、亡くなりました。2006年に咽頭(いんとう)がん手術を受け、かねてより療養中だったとのことです。

中学校卒業後、歌手を志したが、作曲家に転身し1967年、デビュー。明るく伸びやかなポップスから哀愁味のある演歌までこなす音楽性の幅広さで、70年代は売れっ子に。

「ブーメランストリート」「津軽海峡・冬景色」「つぐない」「愛人」「めだかの兄妹」「追憶」「夜桜お七」「アンパンマン」「時の流れに身をまかせ」など代表曲がたくさんあるのですが、個人的には全国高校サッカー選手権のテーマ曲「ふり向くな君は美しい」ですかね。

ご冥福をお祈りいたします。

津軽海峡冬景色/能登半島 [Single] [Maxi]

B000BKJJYM

■関連記事

作曲家の三木たかしさんが死去

近年は舞台音楽家としても活躍し、ミュージカル「李香蘭」など劇団四季の昭和3部作の音楽を担当。人気アニメ「アンパンマン」のテーマソングも手掛けた。

三木たかしさん訃報に神野美伽「くやしい」

神野美伽は「御夫婦で一生懸命病気を戦っていらしたので、少しでも元気になってくれればと願っていましたが、悲しいというよりくやしいです。公私共に、良い思い出を沢山ありがとうございました」と別れを悲しんだ。

作詞家荒木とよひさ氏、三木氏訃報にコメント

作詞家荒木とよひさ氏(65)は作曲家三木たかし氏の訃報に「まだ若いのに本当に残念です。心がちぎれるほど悲しくて言葉がありません」とコメントした。

「津軽海峡・冬景色」など作曲の三木たかし氏が死去

77年、石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」が大ヒットし、評価を固めた。80年代は、作詞家荒木とよひさとのコンビで、台湾の歌手テレサ・テンの「つぐない」「愛人」「時の流れに-」を作曲。「時の流れに-」がレコード大賞を受賞、テレサの日本での黄金期を築いた。

三木たかしさん死去…「津軽海峡・冬景色」など作曲

明るく伸びやかなポップスから哀愁味のある演歌までこなす音楽性の幅広さで、70年代は売れっ子に。

昭和代表する作曲家…三木さん死去にショック広がる

三木さんはがんで声帯を半分切除した際に、のどの感覚を残すため、前腕部の皮膚を欠損部に移植する再建手術も行っていた。そのため、何とかか細い声が出せるようになったが、左手に違和感があり、弦を押さえる感覚を忘れないように、片時もギターを離さなかったという。