清水由貴子さん 父の墓前で硫化水素自殺という記事より。

静岡県警によると、21日午後1時35分ごろ、静岡県小山町大御神の冨士霊園で、女性が倒れて死亡しているのを職員が見つけ119番した。県警によると、女性はタレントの清水由貴子さん(49)=東京都武蔵野市=で硫化水素による自殺を図ったとみられる。

欽ちゃんファミリーとしても知られたタレントの清水由貴子が、静岡県の霊園で硫化水素による自殺をしているのが発見されました。

この霊園は父親が眠っており、かたわらには母親と見られる車イスのお年寄りがいたということです。母親の命に別状はありません。

県警などによると、清水さんの頭の下には洗面器の入ったポリ袋があり、硫化水素が検出された。「ご迷惑をかけてすいません」などと手書きされた紙を持っていた。

しばらくテレビでも見かけないと思っていたのですが、母親を介護するために、2006年に芸能界を引退していたということです。

どんな思いで母親を介護し、そしてどんな思いで父親の眠る霊園までいったのでしょうね‥‥。

清水由貴子 - Wikipediaによると、まだ49歳だったのですね。「清水由貴子さんを勝手に応援するHP」というサイトがあり、ゲストブックには追悼のコメントが寄せられています。

心よりご冥福をお祈りいたします。

DREAM PRICE 1500/ヤング・ポップス’70sベスト・ヒット(女性ボーカル編)

B00005V4DI

■関連記事

タレントの清水由貴子さんが自殺…静岡・小山町

清水さんはテレビのオーディション番組「スター誕生!」で優勝し、1977年に「お元気ですか」で歌手デビューした。バラエティー番組「欽ちゃんの週刊欽曜日」などに出演。ドラマや映画などでも活躍した。

元タレントの清水由貴子さん、硫化水素自殺か

同署によると、女性は墓石の前に倒れており、近くに母親とみられる80歳前後の女性が意識不明の状態で車いすに座っていた。

清水由貴子が父の霊園で自殺か、母は重体

調べによると、午後1時30分ごろに清水さんと母親が倒れているのを、霊園の職員が発見。救急車が駆け付けたが、清水さんはすでに死亡していた。

清水由貴子さん、硫化水素で自殺か…

以前、所属していた事務所によると、清水さんは2006年3月、病気がちな母親の介護のため事務所を辞めたという。霊園には父親の墓があったという。