デイヴ平尾さんが食道がんで死去という記事より。

ザ・ゴールデンカップスのデイヴ平尾(でいぶ・ひらお、本名・平尾時宗=ひらお・ときむね)さんが10日午前、横浜市の病院で死去、63歳。横浜市出身。食道がんのため入院治療中だった。葬儀は近親者のみで行う。後日、お別れの会を開く予定。

グループサウンズ「ザ・ゴールデンカップス」のボーカル・デイヴ平尾が、食道がんのため亡くなりました。63歳でした。

高校時代からバンドを始め、渡米後の67年にザ・ゴールデン・カップスのリーダー兼ボーカルとしてデビュー。

「長い髪の少女」「銀色のグラス」などのヒット曲で知られています。1972年に解散したものの、2003年に再結成していました。

「ザ・ゴールデンカップス」には、ミッキー吉野や柳ジョージも在籍したことがありました。

オフィシャルウェブサイト「The Golden Cups」に訃報が出ていました。

2008-11-12_0542.png

ご冥福をお祈りいたします。

ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム

ザ・ゴールデン・カップス ワンモアタイム

ザ・ゴールデン・カップスのすべて

ザ・ゴールデン・カップスのすべて

THE GOLDEN CUPS Complete Best“BLUES OF LIFE”

THE GOLDEN CUPS Complete Best“BLUES OF LIFE”

■関連記事

ザ・ゴールデン・カップス、デイヴ平尾氏逝く

7月に検査入院し食道がんが判明。無類の酒好きで知られたが、同月のラジオ収録の際に、周囲に「食道の手術が控えてるから酒を断っている」と明かしていた。その後、入退院を繰り返し先月、ゴールデンカップス時代の盟友、ミッキー吉野(56)が見舞った時には、筆談で「痛い」とつづっていたという。

ゴールデン・カップスのデイヴ平尾氏急死

ミッキーが家族に聞いた話によると、平尾さんはここ数日、いつもと変わりなく元気だったという。この日も午前6時の時点では変化がなかったが、同7時に看護師が見回りをした時には、すでに意識がなく、ただちに人工呼吸などの処置がなされた。が、兄弟数人が見守る中、静かに息を引き取ったという。

デイヴ平尾さんが死去…「長い髪の少女」などヒット

71年に解散したが、03年に32年ぶりに再結成。その後もライブハウスなどで積極的に活動。復帰を信じ、28日に東京・水道橋のJCBホールで行われるザ・ゴールデンカップスのライブにも出演予定だったが、かなわなかった。