赤塚不二夫さん死去、大ヒット漫画を連発という記事より。

「天才バカボン」「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」などの作品で知られる人気漫画家の赤塚不二夫(あかつか・ふじお、本名・赤塚藤雄)さんが2日午後4時55分、肺炎のため東京都文京区の順天堂医院で死去した。

2002年4月に脳内出血で倒れてから、闘病生活を続けていた漫画家の赤塚不二夫氏が、肺炎で亡くなりました。72歳でした。

「天才バカボン」「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」など、誰もが知っているマンガを執筆し「シェーッ」「これでいいのだ」といった流行語も生みました。

98年には食道がんを公表。10時間にも及ぶ大手術を受けた。5カ月もの長期入院で15キロもやせたが、大好きな酒とたばこはやめられず、型破りな生活を続けた。

本当にお酒が大好きな人でしたよね。取材のときも、いつでも飲んでいるイメージです。

漫画界だけではなく、芸能界にも大きな影響を与えた。タモリが赤塚さんの自宅に下宿していたのは有名な話だ。

これも有名な話ですね。赤塚さん、タモリを発掘…芸にひと目惚れという記事では「あんたは天才だ。九州でブラブラしてる? じゃ、ボクのアパートに住め」という話が。

赤塚不二夫さん死去の3日前に前妻が病死という記事によると、

2人の1人娘で、作品や版権を管理するフジオ・プロダクション社長の赤塚りえ子さん(43)が父の容体急変を聞いたのは、母の遺体の前だったという。

ということで、娘さんにとってはとても辛いことになってしまいました。

「ある日、酔った父が『最後につじつまがあってりゃ、何やってもいいんだ』とボソッと言ったんです。それを聞いた瞬間、あっ、これがバカボンのパパの名ゼリフ『これでいいのだ』につながっていると分かった」

「これでいいのだ」

心よりご冥福をお祈りいたします。

天才バカボン誕生40周年記念天才バカボンTHE BEST 講 (KCデラックス)

天才バカボン誕生40周年記念天才バカボンTHE BEST 講 (KCデラックス)

もーれつア太郎 (小学館文庫―赤塚不二夫名作選)

もーれつア太郎 (小学館文庫―赤塚不二夫名作選)

赤塚不二夫120%―死んでる場合じゃないのだ

赤塚不二夫120%―死んでる場合じゃないのだ

レッツラ*ゴン (小学館文庫―赤塚不二夫名作選)

レッツラ*ゴン (小学館文庫―赤塚不二夫名作選)

赤塚不二夫のことを書いたのだ!! (文春文庫 た 66-1)

赤塚不二夫のことを書いたのだ!! (文春文庫 た 66-1)

■関連記事

なぎら健壱「赤塚さんは気持ちが子供」

赤塚さんのネコ「菊千代」が他界したときに、ウチのネコ「ふう」名義で弔電を打ったのさ。そうしたら「オマエのとこのネコから電報きたよ」とギャグを分かってくれたんだよ。

漫画家の赤塚不二夫さん死去

妻真知子さんの付き切りの看護で、呼び掛けると顔を向けようとするまでに回復したものの、06年には真知子さんがくも膜下出血のため急死した。

ギャグ漫画巨匠・赤塚不二夫さん死去

長年、赤塚さんのアシスタントを務めた北見さんは「安らかな顔でした。これまで赤塚さんは頑張ってきたのだからみんなで送り出してあげたい」と話すのが精いっぱいだった。

赤塚さん がん闘病中も酒を手放さず…

アルコール依存症治療のため毎月のように入院して酒を抜く「ウオッシュアウト」の繰り返し。それでも、退院してはまた酒を飲み「ノーメル(飲める)賞だな」とユーモアたっぷりに話していた。

赤塚さんは天才なのだ…72歳で死去

トキワ荘の連中も僕も皆、手塚(治虫)さんの影響で漫画家になった。手塚さんはよく「いい漫画を描きたいなら漫画を見るな。一流の映画、音楽、小説で勉強しろ」と言っていた。これは漫画家を志す人にとって永遠の真理だと思うよ。

「おそ松くん」「天才バカボン」の赤塚不二夫さん死去、72歳・肺炎

「人間、死ぬときは死ぬんだよ。それまでは一生懸命仕事をしようと思ってね」00年に「目の見えない人にも楽しむ権利がある」と、点字の漫画絵本「よーいどん!」を発表。

60年~70年代の日本に笑いの革命…赤塚不二夫さん死去

漫画に投影された底なしのパワーと、一人のヒーローやヒロインからは生まれてこない大勢の力は、60年代から70年代にかけての自由で元気な時代の気分と見事に合致。その人気は子どもや学生だけでなくサラリーマン層にまで浸透し、この時期、少年漫画雑誌が隆盛を迎える原動力になった。

ギャグ漫画家の赤塚不二夫さん死去

上京後の昭和31年に少女漫画「嵐をこえて」でデビュー。東京都豊島区にあったアパート「トキワ荘」で、無名時代の石ノ森章太郎さん(故人)や藤子不二雄(A)さんらと暮らし、共に腕を磨いたことは有名だ。

赤塚不二夫さん、闘病中もギャグ作り

文芸春秋漫画賞、日本漫画家協会文部大臣賞などを受賞。平成10年には紫綬褒章を受章し、平成15年、東京都青梅市に「青梅赤塚不二夫会館」がオープンした。