あの“ラーメン王”武内伸さん急死…48歳、肝硬変という記事より。

日本ラーメン協会副理事長で、“ラーメン王”として知られた武内伸(たけうち・しん)さんが13日午前11時33分、肝硬変のため、入院先の神奈川県相模原市内の病院で死去した。48歳だった。

「TVチャンピオン」でラーメン王となり、ラーメン評論家として活動し「新横浜ラーメン博物館」の広報なども担当した日本ラーメン協会副理事長の武内伸氏が、肝硬変で亡くなりました。まだ48歳でした。

「私はラーメンを語り、ラーメンを広めることで収入を得て、ラーメンに食べさせてもらっている。ラーメン様には足を向けて眠れない」

「春木屋」のラーメンを食べて目覚め、それ以来、ラーメンの食べ歩きを始めたのだそうです。高校2年の時とということですから、約30年前です。

しかし10年ほど前から、肝臓を患っていたそうで、ここ2年は肝機能障害で入退院を繰り返していたとのこと。

「どんな食生活をしているのか」と聞かれ、武内さんは「3食ラーメンです」と答えた。医者が「それじゃ、ダメだ」と諭すと、武内さんが「実は、私はラーメン評論家でして…」と打ち明け、医者を呆れさせたという

何事もやり過ぎはよくないとは思うのですが、ここまでラーメンに捧げた人生は、きっと幸せだったのでしょう。

「支那そばや」店主・佐野実氏は「最後に見舞いに行った時、たけちゃんの息が“ラーメン、ラーメン”と言っているように聞こえた」として「棺にはラーメンを入れようと思っている」と語っています。

何回もいきたくなるラーメン店100―私が4000杯を食べたわけ

何回もいきたくなるラーメン店100―私が4000杯を食べたわけ

日本初のラーメン情報誌 月刊とらさん 2007年 8月号

日本初のラーメン情報誌 月刊とらさん 2007年 8月号

■関連記事

ラーメン王、武内伸氏死去 肝硬変のため

建設会社に勤務しながら、同人誌などに独自のラーメン論を展開。平成4年に出演したテレビ東京系『TVチャンピオン 第2回ラーメン王選手権』に優勝、第2代ラーメン王としてマスコミに登場するようになった。