ボ・ディドリー氏死去…ロックンロール生みの親という記事より。

AP通信によると、力強いリズムを持った音楽により、ロックンロールの生みの親の一人として知られる米ロック歌手のボ・ディドリー氏が2日、心臓疾患のため南部フロリダ州の自宅で死去した。

ロックンロールの生みの親の一人として知られるボ・ディドリーが、79歳で亡くなりました。

1928年にミシシッピに生まれ、10代でストリートミュージシャンとして活動。1955年のデビューシングル「ボ・ディドリー/アイム・ア・マン」がヒット。

「ボ・ディドリー・ビート」といわれる独特のサウンドは黒人音楽ブルースとロックンロールをつなぐ役目を果たし、ローリング・ストーンズやブルース・スプリングスティーンら多くの音楽家にも強い影響を与えた。

2007年5月に心臓発作で倒れるまで、ステージ活動を続けていました。

ボ・ディドリー - Wikipediaでは、サングラスに四角いギターを持つ姿の写真を見ることができます。

芸名である「ボ・ディドリー」の由来は、

南部黒人のスラングで「何でもない」を意味する、あるいは南部の黒人が弾いていた一弦ギター、ディドリー・ボーをもじったものであるなど諸説ある

というこです。

ご冥福をお祈りいたします。

ヴァンプ~ライヴ!

ヴァンプ~ライヴ!

THE BEST 1200 ボ・ディドリー

THE BEST 1200 ボ・ディドリー

■関連記事

ロックンロールの父、ディドリー氏死去

その後も、数多くのヒット曲を生み、87年にはロックの殿堂入り。昨年5月に心臓発作で倒れるまで演奏活動を続けていた。