「ノリック」阿部典史さん交通事故死という記事より。

オートバイレーサー阿部典史さん(32)が、7日午後6時20分ごろ、川崎市川崎区大島1丁目の市道で、オートバイを運転中にトラックと衝突。阿部さんは病院に搬送されたが、死亡した。

世界選手権でも活躍し、3勝の成績を残した「ノリック」こと阿部典史氏が、バイクに乗っていてトラックと衝突し事故死してしまいました‥‥。

バイクレースにさほど興味のなかったぼくでも、「ノリック」という相性とその活躍は耳に、そして目にしていましたから、いかに偉大だったかは多少は知っているつもりです。

それにしても32歳の若さでこの世を去るとは‥‥。

川崎署によると、トラックがUターンしようとしたところ、後方から来た阿部さんのオートバイに衝突した。現場は片側2車線でUターンが禁止されている。

かなり唐突なUターンだったのでしょうか‥‥。

阿部典史 - Wikipediaによると、最後に乗っていたのはヤマハ「T-MAX」だそうです。オフィシャルサイトでは、通夜・告別式の日程がアナウンスされています。

心よりご冥福をお祈りいたします。

FUN FAN Run

FUN FAN Run

スーパーバイク世界選手権2006 前編

スーパーバイク世界選手権2006 前編

スーパーバイク世界選手権2006 後編

スーパーバイク世界選手権2006 後編

MotoGP Machines 2004 MotoGP マシン特集

MotoGP Machines 2004 MotoGP マシン特集

■関連記事

GPライダーの阿部典史さん交通事故死…トラックと衝突

1975年9月7日、東京都生まれ。オートレース選手の父の影響で幼少時からバイクに親しみ、91年に中学卒業後、米国でレース修業。93年、18歳の史上最年少で全日本選手権500cc総合王座獲得。

オートバイレーサー阿部典史さん事故死…公道でトラックと衝突

今年5月からは13年ぶりに国内のレースに復帰。7月の鈴鹿8時間耐久ロードレース(8耐)にも初出場したが、9位だった。9月の全日本ロードレース第6戦(岡山)に出場したのが最後の公式レースだった。