阿久悠さん尿管がんで死去、70歳という記事より。

「北の宿から」「勝手にしやがれ」など70~80年代、昭和の歌謡曲黄金期を代表する作詞家として活躍した阿久悠(あく・ゆう、本名・深田公之=ふかだ・ひろゆき)さんが1日午前5時29分、尿管がんのため死去した。

作詞家の阿久悠氏が亡くなりました。70歳でした。

「津軽海峡・冬景色」「勝手にしやがれ」「どうにもとまらない」「UFO」「ペッパー警部」「もしもピアノが弾けたなら」「熱き心に」「宇宙戦艦ヤマト」など、どれも歌詞を思い出すことができるのがすごいです。

今の子供たちは、大人になっても自分たちが子供の頃のヒット曲を歌えるだろうか。歌えるのかな。どうかな。

「瀬戸内少年野球団」て、阿久悠氏の小説だったのですね。

昭和最大の作詞家・阿久悠さん死去によれば「作詞した作品は5000曲を超え、シングル作品の総売り上げは国内トップの6818万枚にも上る」そうです。

遺した歌たちは大きいです。ご冥福をお祈りいたします。

人間万葉歌~阿久悠作詩集

人間万葉歌~阿久悠作詩集

書き下ろし歌謡曲 (岩波新書)

書き下ろし歌謡曲 (岩波新書)

■関連記事

阿久悠さんが死去「昭和」紡いだ巨人は天国で作詞活動へ

演歌、アイドル、アニメなど幅広いジャンルの歌を作詞し、残した曲は5000曲以上。レコード大賞を5回受賞した。

歌謡界に悲しみの涙…山本リンダが都はるみが恩師を悼む

都は「あまりにも私を大きくしてくれたので、一時は(同曲を)嫌いになったときもあったけど、これからは力を入れずに歌っていきたい」と瞳を潤ませた。

阿久悠さん死去、70歳…沢田研二らヒット曲量産

阿久さんは1937年2月7日、兵庫県淡路島生まれ。59年明大文学部卒業後、広告代理店宣弘社に勤務し、番組企画やCM制作を手掛ける。

ピンク・レディー衝撃!ケイ「受け止めることができない」…阿久悠さんしのぶ

ミーこと未唯(49)も直接、対応することはできず「訃報(ふほう)に戸惑い、大変驚いております。そして喪失感でいっぱいです。お顔を拝見するまではとても信じる気持ちになれません」と話していたという。

誰もが口ずさんだ、あの名曲残し…

「ピンク・レディー」の名付け親で、阿久さんとは300曲以上作った盟友の都倉氏は「11歳も上なのに五分五分の関係で仕事をしてくれた。兄貴のように思っていた」と涙をこぼした。