宮沢喜一元首相が死去という記事より。

元首相の宮沢喜一(みやざわ・きいち)氏が28日午後1時16分、老衰のため東京都渋谷区神宮前の自宅で死去した。87歳だった。

宮沢喜一元首相が、老衰で亡くなったそうです。87歳でした。

首相になったのは1991年ということで、今から15年以上も前でしたか。「55年体制」最後の宰相とも。ヨーダみたいな方だなぁ、と思っておりました。

宮沢元首相「少し休ませてもらう」によると、「少し休ませてもらう」と言って床につき、そのまま帰らぬ人になったということです。

ご冥福をお祈りいたします。

聞き書 宮沢喜一回顧録

聞き書 宮沢喜一回顧録

90年代の証言 宮澤喜一―保守本流の軌跡

90年代の証言 宮澤喜一―保守本流の軌跡

■関連記事

自民一党支配最後の首相 宮沢喜一さん逝く

首相在任中の93年6月、政治改革法案が挫折する中で、自民党分裂を招き、内閣不信任決議案が可決。衆院を解散したが、総選挙で過半数割れに追い込まれ退陣した。

宮沢元首相が老衰で死去…退陣後も蔵相就任「平成の高橋是清」

小泉純一郎前首相(65)の引退要請を受け、15年10月の衆院選に出馬せず、政界を引退した。

宮沢喜一元首相が死去

大蔵省退官後、53年の参院選で初当選し、参院当選2回、衆院当選12回。外相、官房長官、蔵相など重要閣僚を歴任。