作曲家の羽田健太郎さん死去…「題名のない音楽会21」司会という記事より。

テレビ朝日系「題名のない音楽会21」の司会などで親しまれた作曲家でピアニストの羽田健太郎(はねだ・けんたろう)さんが2日午後11時53分、肝細胞がんのため都内の病院で死去したことが4日、分かった。

作曲家でピアニストの羽田健太郎氏が、肝細胞がんで亡くなったそうです。まだ58歳、お若いですね‥‥。

羽田健太郎氏というと、やはり思い出すのは「渡る世間は鬼ばかり」です。実は「超時空要塞マクロス」も手がけていたというのは、ちょっと驚き。

こよなく酒を愛し、98年に肝炎を患い入院。以後禁酒していた。先月中旬に再び体調を崩し入院していた。

最近は「題名のない音楽会」の司会でも知られていましたが‥‥トークが得意で、テレビに出ているときは気になって観ていました。

“ハネケン”若くして逝く…羽田健太郎さん肝細胞がんで死去という記事では「58歳は若すぎます。仕事に脂が乗ってきてもっともっと味が出てくるはずだったのに…。とても残念です」という久米宏のコメントも紹介されていますが、その通りですね。

本当に残念ですね‥‥。心よりご冥福をお祈りいたします。

ハネケンランド~羽田健太郎 その映像音楽の世界~

ハネケンランド~羽田健太郎 その映像音楽の世界~

華麗なるピアノの世界

華麗なるピアノの世界

〈COLEZO!〉マクロス ソングセレクション

〈COLEZO!〉マクロス ソングセレクション

■関連記事

「題名のない音楽会」司会の羽田健太郎さん死去

桐朋学園大学在学中から頭角を現し、卒業と同時にスタジオミュージシャンとして歌謡曲やポップスのレコーディングに参加した。

ピアニスト羽田健太郎さん死去

精力的に地方でコンサートを開くなど、クラシック音楽の大衆化に努めた。テレビ番組にも数多く出演、報道番組「ニュースステーション」では、ピアノ演奏コーナーを担当し人気を集めた。

羽田健太郎さん肝細胞がんで死去

体調が悪化した4月から「題名の…」の収録を見合わせ休養。5月中旬に入院し治療していたが、今月2日夜、妻幸子さんと2人の娘が見守る中、眠るように息を引き取った。