原ひさ子さん 96歳大往生という記事より。

映画、ドラマなどのおばあちゃん役で親しまれた女優の原ひさ子(はら・ひさこ、本名・石島久=いしじま・ひさ)さんが4日午後9時32分、心不全のため都内の病院で死去した。

96歳でしたか。まさに「日本のおばあちゃん」に相応しい女優さんでしたね。とはいえ、若い時分もあったのですから、若い頃はきっときれいな女優さんだったのではないかと。

所属事務所によると同日夜の夕食後、自宅で家族とテレビを見ていたところ、眠るように意識をなくし、救急車の中で息を引き取った。同居していた長女夫妻がみとり、病院で死亡が確認された。

日本最高齢の女優さんは、本当に眠るように静かに旅立ったんですね。大往生。ご冥福をお祈りいたします。

ばばさまの俳句は日記つれづれに

ばばさまの俳句は日記つれづれに

■関連記事

「日本のおばあちゃん」原ひさ子さん死去

33年(昭和8年)、舞台女優としてデビュー。戦前、戦後を通じて数多くの映画に出演。テレビ放送が始まってからは、母親やおばあちゃん役に欠かせない脇役女優として定評があった。