38歳本田美奈子さん死去、白血病でという記事より。

ミュージカルなどで活躍した歌手の本田美奈子さんが6日午前4時38分、急性骨髄性白血病のため東京都内の病院で死去した。

入退院を繰り返していたようですが、38歳という若さで、本田美奈子さんが帰らぬ人となりました。残念です。

東京都出身で、85年4月に「殺意のバカンス」で東芝EMIからデビュー、日本歌謡大賞などの新人賞を総ナメにした。「One way Generation」「1986年のマリリン」などヒット曲多数。92年4月から「ミス・サイゴン」でヒロイン・キム役を公演して以来、数々のミュージカルに出演し高い評価を得た。

本田美奈子というと、やはり「One way Generation」だったりとか、ドラマの主題歌の印象が強いです。「1986年のマリリン」も強烈でしたけど。

本田美奈子さん逝く 38歳、白血病によれば、

歌手になった時、白血病で亡くなったのが夏目雅子さん(享年27)だった。夏目さん同様その闘病は凄絶で、抗がん剤の副作用で髪は抜け、バンダナを巻きながら闘い続けた姿に「もの凄く悔しかったはず」とスタッフは声を詰まらせた。

とも。本当に、まだまだやりたいことは山ほどあったことでしょう。

なんだか、近い世代の人がこうした形で亡くなると、ちょっとショックです。心よりご冥福をお祈りします。

LIFE~本田美奈子プレミアムベスト~(初回限定盤)

■関連記事

親友の南野陽子、岩崎宏美ら絶句、号泣

本田さんと長年の親交があった南野は6日、東京・中央区の明治座で出演舞台「細雪」の公演の合間に悲報を聞き号泣した。関係者によると、昼の公演終了後にスタッフから知らされ、1人で楽屋にこもり大泣き。「ショックが大きくコメントできる状態ではなかった」(所属事務所)と明かしたが、午後4時からの夜の部では、悲しみをこらえ気丈に舞台に立った。

楽曲を提供 清志郎ショック「そんな…」

本田さんに楽曲を提供したことがあるロック歌手の忌野清志郎(54)は、あまりに早すぎる他界に「えっ!そんなことが…」と大きなショックを受けた。