2013 09 05 1145

ソニーがソニーらしい(?)デジカメの新製品を発表しましたよ! スマホをモニタ代わりに使う「Cyber-shot DSC-QX10/DSC-QX100」というレンズ型デジカメです。つまり、ソニーが発売するのはレンズ部分という訳です。

iPhoneなどのスマートフォンに、外付けのアナログレンズを取り付けて望遠にする、みたいなキットはありましたが、デジタルのレンズですよ。これは面白いです。

ソニー、スマホをモニター代わりにする「レンズ型デジカメ」海外発表 - デジカメ Watchという記事になっています。

撮像素子、レンズ、画像処理エンジン、microSD/M2メディアスロット、バッテリーなどからなる円筒形の製品。デジタルカメラからレンズだけ取り出したような外観をしており、これをスマートフォンの背面に取り付けて使う。あるいは、スマートフォンから離した状態でも撮影が可能だ。

スタイルとしては、こんな感じになります。

2013 09 05 1212

スマートフォンも高性能化していますから「ここにレンズだけ付けられれば‥‥」みたいな発想は、あったという思うんですよね。今回のサイバーショットでは、それが現実のものとなっています。

スマートフォンとの接続はWi-Fiで行なう。スマートフォンからはソニー提供のアプリ「PlayMemories Mobile」を介して操作。スマートフォンのモニターをファインダーや操作部として利用する(QX100/QX10にはモニターがない)。対応するスマートフォンのOSは、iOS 4.3以上、Android 2.3~4.2。

WiFiの切り替えの取り回しがどうなのかとか、表示はタイムラグがあるのではとかは、気になるところはあるのですが、それでもこのシステムをリリースしたことに意義があると思います。

2013 09 05 1218

本体とレンズを離しておくとことができるということなので、色々な可能性が考えられますからね!

DSC-QX100

撮像素子は1型"Exmor R" CMOSセンサー。有効画素数は2,020万。

 レンズはCarl Zeiss Vario-Sonner T*。焦点距離28-100mm相当(35mm判換算)F1.8-4.9の光学3.6倍ズーム。光学式手ブレ補正機構も備える。

DSC-QX10

光学10倍ズームのソニーGレンズを採用するモデル。

 撮像素子は1/2.3型"Exmor R" CMOSセンサー。有効画素数は1,820万。

動画がありました。

こりゃあ、楽しそうだなぁ。実用的かはともかく、新し物好きとしては触ってみたいデジカメですねぇ。ちょっと思想的には、リコー「GXR」に通じるものもあるかな? なんて思ったりして。

さらに楽しみなのが、スマートフォンなどからカメラをWi-Fi経由でリモート操作するアプリケーション開発用のAPIを公開という発表も行われていることなのです!

本サイトでは、アプリケーション開発に必要となるAPI仕様書やサンプルコード、および関連ドキュメントをダウンロードできます。「Camera Remote API beta」を利用して開発されたアプリケーションによって、静止画および動画の撮影、スマートフォンやタブレット画面でのカメラのライブビュー表示、セルフタイマーやズームなどの操作が、Wi-Fi経由でスマートフォンなどから行えるようになります。

カメラをコントロール! 楽しそう!

価格はは「Cyber-shot QX10」が249.99ドル、「Cyber-shot QX100」が499.99ドルだそうです。

日本での発売は未定ということですが、きっと発売してくれますよね!?