toreru_bag_5107.JPG

@masakiishitani が監修した「とれるカメラバッグ」をモニター用に頂いております。先日はサッカー観戦に持っていったのですが、結論からいうとベリーグッドでした。

どのあたりがベーグッドだったかというと、ここです。

toreru_bag_5103.JPG

足元で自立するんですわ!

toreru_bag_5104.JPG

これだとカメラやドリンクなどなどを出したり入れたりが、非常に便利です。

スタジアムの座席はそんなに広くなく、足元のスペースも広くないので、いつも荷物の出し入れが大変だと思っていたのですが、自立する「とれるカメラバッグ」ならベリーグッドな訳ですよ。

で、ここで気付いたのですが「ドリンクホルダーがあれば最高だなー!」ということ。

toreru_bag_5105.JPG

ただ、そこまでやってしまうと、もはやカメラバッグではなくなってしまう気がするので、難しいところであることも分かります。

ただ、使っている人のブログを見たりすると、けっこう普段使いしている人も多いようなので、ベルクロで取り外しできるタイプでもあると便利かな、と思いました。

実は外側についているドリンクホルダーって、ドリンクだけでなく、レンズだったり折り畳み傘を入れられて便利なんですよね。

そして、後から気付いたのですが、この部分。

toreru_bag_5106.JPG

チケットを入れておける!

指定席に入る時はチケットを見せる必要がありますが、飲み物や食べ物で両手がふさがっている時に、ポケットからチケットを出すのは難儀です。

ここにチケットを入れておけば間違いない!

ということで「とれるカメラバッグ」はスポーツ観戦にも最適でしたよ、というお話でした。

普段使いもできる「とれるカメラバッグ」に物欲を刺激されまくった! #torecameも併せてご覧ください。

開発の過程を「とれるカメラバッグ - スーパーコンシューマー」で読むことができます。全16回と長いですが、こちらもぜひどうぞ。