torecame_5064.JPG

@masakiishitani が監修したという、デジカメを持ち歩くのに最適だという「とれるカメラバッグ」をモニター用に頂きました!

ということで、ファーストインプレッションです。

まずは開封の儀です。

torecame_5062.JPG

ダンボールを開けたらこんな感じでパッケージされていました。

torecame_5063.JPG

箱から撮り出したところ。基本的には、出してそのまま使えます。

torecame_5065.JPG

上から見たところ。

torecame_5066.JPG

パカッと上蓋を開いたところ。蓋の裏側にも、メッシュの小物入れがありますね。ミニ三脚とか入れても良さそうです。

torecame_5869.JPG

デジカメを添えてみると、サイズはこんな感じです。コンパクトデジカメとしてはやや大きめの「PowerShot G11」です。

torecame_5067.JPG

前面にはiPadもしくはMacBook Air 11インチがジャストフィットする収納があります。

torecame_5870.JPG

前面からiPad、MacBook Air 11インチ用の収納を撮影すると、こんな感じ。

それでは、いろいろ入れてみます!

torecame_5871.JPG

普段はバックパックを背負っており、その中にはMacBook Pro 13インチを始めとして、ケーブル類、コンパクトデジカメ、マンガ雑誌などが入っています。

うーむ、持ち歩いているものが普通に入ってますね。

いつもだとデジカメは一台しか持ち歩きませんが‥‥

torecame_5874.JPG

ついつい、2台持ち歩きたくなります(リコー「GXR」も入れてみた)。「とりあえずカメラは一台でいいかな」ではなく「もう一台持っていきたい」となるカメラバッグです。

バッグの中は、はベルクロで移動できる間仕切りで仕切りを調整可能です。

さらに細かい気遣いの止水ファスナーも。

torecame_5878.JPG

水からハードウェアをガード!

ついでに友人の「iPad 2」まで入れてみましたよ。

torecame_5090.JPG

torecame_5091.JPG

うーむ、いい感じですな‥‥。

荷物が少なくバックパックの必要がない時は、ウエストバッグをたすきがけするような、まさに「とれるカメラバッグ」のような使い方をしていました。

が、カメラバッグではないので、バッグ内部でモノ同士がぶつかったり、必ずしも使い勝手はベストではなかったのですね。

そもそも「撮るぞー!」という感じがしてしまって、カメラバッグ自体を購入するつもりもなかったので「とれるカメラバッグ」は、

・カメラバッグとしても優秀
・普段使いもできる機能とデザイン

という、良いとこ取りをしたバッグだと思いました。

結果的に、

・MacBook Air 11インチが欲しくなった
・リコー「GXR」28mmレンズユニットが欲しくなった

という、カメラバッグによって新たな物欲を刺激されるという、なんとも本末転倒な感じがしますが、つまりはそういう素晴らしい製品になっていると思います。

なお、子育て世代からしてみると、両手が空く、というのはメリットになりますね。カメラと子供グッズを入れても良いですし。

コンパクトな割に収納力もあり、デジカメだけでない普段使いにも良さそうです。型がしっかりしているので、床に置いても自立してくれるというのも、細かいところですが嬉しいです(ヘニョペタンとならない)。

価格が19,950円とやや高めに感じるかもしれませんが、それだけの品質はありますし、万能感を考えると適切な価格なのかな、と思いました。

開発の過程を「とれるカメラバッグ - スーパーコンシューマー」で読むことができます。全16回と非常に長いですが、併せてぜひご覧ください。