ビクターがデジカメ進出、ペンタックス買収へという記事より。

日本ビクターとケンウッドの持ち株会社、JVC・ケンウッド・ホールディングスが光学ガラス大手HOYAから「ペンタックス」ブランドで知られるデジタルカメラ事業を買収する方向で交渉を進めていることが4日、明らかになった。

ビクター、音楽部門をコナミに売却へというニュースに続いて、ビクターにビっクりしター!

なんと、HOYAから「ペンタックス」ブランドで知られるデジカメ事業を買収する方向で交渉しているそうです。「ビクターが蓄積しているビデオカメラ技術を生かしてデジカメ事業に進出」と伝えられています。

あ、音楽ソフト事業の売却益で「ペンタックス」の買収に動くということなのですね。

ビクターは世界のビデオカメラ市場の約20%を占め、40%の首位ソニーに次ぐ世界2位。しかし、市場は飽和状態で低価格化に拍車がかかっている。

家電メーカー、ビデオカメラメーカーのデジカメというとパナソニックを思い出す訳ですが、あちらはマイクロフォーサーズが武器になっている気がするのですが、ビクターからは一眼レフのレンズが使えるビデオカメラが登場したりするのでしょうか。

07年にペンタックスを買収したHOYAは、当初の目的だった内視鏡など医療分野の強化に成功したものの、デジカメ事業は08年度の出荷台数が約200万台と国内では10位以下と低迷している。

HOYAとしてもデジカメ事業を手放すというのはメリットがあるようです。

PENTAX DA 21mm F3.2AL Limited (ケース・フード付) DA21F3.2AL

B000FU7X0U

■関連記事

JVC・ケンウッド・ホールディングス、ペンタックス買収でデジカメ事業参入か

JVC・ケンウッド・ホールディングスでは同日、総合ソフト会社ビクターエンタテインメント売却との報道もあり、これに関しては「報道されたような事実はない」とコメントしている。