2009-10-08_1251.png

価格.comから不動の二強“キヤノン、ニコン”の牙城を攻める「マイクロフォーサーズ」 ~デジタル一眼の画質競争はすでに頭打ち?サイズを含めた手軽さに魅力~というレポートが出ています。

デジタル一眼(レフ)カメラを発売している国内メーカーはそれほど数が多くないが、その中でもとりわけ人気があるのが、キヤノンとニコンの二大メーカーだ。この二大メーカーは、一眼レフカメラがデジタル化する以前からカメラ市場では「二強」といわれており、この二社が先導する形でカメラ市場が牽引されてきたと言っても過言ではないほどの影響力を持っている。

しかし、2009年春先から様子が変わってきたそうです。4月以降、ペンタックスとオリンパスが、大きくPVを伸ばしています。さらに8月にはパナソニックが大きく伸びました。

オリンパスとパナソニック、言わずもがなの「マイクロフォーサーズ」連合ですね。小型のデジタル一眼カメラをリリースして、注目を集めています。

「カメラ二強時代はにわかに終わりを告げようとしているかのような様相を見せている」とレポートされています。そ、そこまで!!!

こうなった理由として「これまでシリーズ化して販売してきた、メインストリームの新製品に斬新さが見られない」ということも挙げられています。

キヤノン、ニコン、ソニーのPV推移のグラフもあるのですが、見事な減少っぷりですね、これは‥‥。もちろん話題性がなくなっていくので仕方もないとは思いますが。

そうした中で気を吐いているのが、オリンパス、パナソニックの「マイクロフォーサーズ」連合と、ペンタックスだそうです。

これに対して、ボディのコンパクトさを一番の武器に、一眼カメラの新たな楽しみ方を提案するマイクロフォーサーズ機は、かなりの人気を集めている。今後このスタイルが主流になっていくということはないと思うが、少なくともこの勢いで行けば、来年くらいには二強メーカーであるキヤノン、ニコンに匹敵する「マイクロフォーサーズ」という第三の勢力となることも予想される。

少なくとも、ぼくも今、一台を選ぶとしたら、やはりパナソニックの「LUMIX GF1」を選ぶと思います。一眼レフというよりは、レンズ交換できるコンパクトデジカメ、というのに魅力を感じます。

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット

B002OHCOCY

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット

B002OHCOCY

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット(14-45mm/F3.5-5.6標準ズームレンズ付属) エスプリブラック DMC-GF1K-K

B002NWZLUC

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 ボディ エスプリブラック DMC-GF1-K

B002NWZLU2

Panasonic デジタル一眼カメラ GF1 レンズキット

B002OHCOCY

Panasonic ライブビューファインダー DMW-LVF1

B002NWZLV6