「インターネットは収穫期,チャンスは個人にある」---米Blueshift 渡辺千賀氏という記事より。

渡辺氏は三菱商事,マッキンゼー,ネオテニーを経て,日米の企業間提携などに関するコンサルティングを行う米Blueshift Global Partnersを設立。シリコンバレーで働く日本人をサポートするNPO「Japanese Technology Professionals Association(JTPA)の共同代表を務めるととともに,シリコンバレーの産業と生活の情報を発信するブログOn Off and Beyondや英語学習ブログListen IT!を運営するブロガーとしても知られている。

渡辺千賀さんが講演した「あすなろBLOGカンファレンス『未来×チェンジ×ブログ』」のレポートなのですが、その中に「Flip Mino HD」ユーザとして気になる話がありました。

未公開だけれど高収益なベンチャー企業が生まれているとして、ネットサービスとハードウェアを組み合わせたビジネスモデルが紹介されています。

・Eye-Fi
・Chumby

そして、

・Flip Video

です。

USBコネクタを内蔵しネットに動画を簡単にアップできる「Flip Video」は,iPodよりも短期間で100万台に達し,開発元の米Pure Digitalは米Cisco Systemsに約590億円で買収された。

もちろん、iPodが登場した時とは状況が違う訳ですが、ビデオカメラがiPodを上回るスピードで売れたというのは、けっこうすごい話ではないかと思います。

ぼくは「Flip Mino HD」はなくてはならない存在になっているのですが、どうしても日本では発売されないのでしょうねぇ。

■関連エントリー

HD動画撮影可能な「Flip Mino HD」が欲しくなってきた!
「Flip Mino HD」超軽量な日常メモ動画カメラ!
「Flip Mino HD」ファーストインプレッション!(動画あり)
「Flip Mino HD」Mac用ソフト“FlipShare”レビュー
「Flip Mino HD」日本から入手するには?
「Flip Mino HD(Flip Video)」Ciscoに買収される
「Flip Mino HD」渋谷でHD動画編