キヤノンがハイビジョン動画撮影が可能な一眼レフデジカメ「EOS Kiss X3」を発表しました。個人的には、ISO 12800まで感度拡張できるのがポイントです。

2009-03-26_1435.png

2009年4月下旬に発売開始予定ということですが、キヤノン、1510万画素+フルハイビジョン動画の「EOS Kiss X3」を発表によれば、

・ボディのみ 9万円前後
・レンズキット 10万円前後
・ダブルズームキット 13万円前後

という価格が予想されています。ちなみに、レンズキットでは「EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS」そしてダブルズームではこれに「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」が加わります。

既にレンズは6本あるのでボディのみでも良い気がするのですが、1万円差だったら手ぶれ補正機能を搭載しているレンズキットでも良いかな、とか。

実は今、ぼくの中では第二次一眼レフデジカメブームが到来しようとしているのです。サイト内検索してみたら、第一次ブームは2005年3月だったので実に4年ぶりです。

その後「GR DIGITAL」や「Caplio GX100」を購入するなどして、コンパクトデジカメブームが続いていたのですが先日、CHONANの卒園式で「EOS Kiss Digital N」からも卒業する頃合いなんじゃ‥‥と痛感したのです。

明るめF2.8のズームレンズを購入して臨んだのですが、ISO 800くらいでも室内の撮影が厳しい‥‥もちろん1600まで増感できるのですが、必然的にノイズも増える訳で‥‥。

そんな折、思い出したのがいしたにさんの使っている「EOS 5D Mark II」です。これがなんと、ISO 6400でもノイズがなく美しいのですね。どうやら「DIGIC 4」もいいらしい。

ということで「EOS 50D」とかいいんじゃないの?

なんて思っていたのですが「EOS Kiss X3」正式発表の噂を聞きつけ、膝を抱えて体育座りして待っていたところ‥‥これだーッ!!

Kiss X3は、22.3×14.9mm、1510万画素のCMOSセンサーを採用。これは上位モデル「EOS 50D」と同サイズ、同解像度となる。
Kissシリーズとして初めてISO感度拡張機能を搭載し、最高ISO 12800の高感度での撮影を可能とした。
動画機能は、フルHD(1920×1080画素・20フレーム/秒)、HD(1280×720画素・30フレーム/秒)、標準SDの3種類から選択する。

このスペックに不足なし!

レンズ資産もそのまま使えるし、操作体系も大きく変わることはないだろうし、これまでの4年間で蓄積したもろもろの資産も活かせそう。

オリンパスの新しいマイクロフォーサーズも買う気満々だったのですが、必要なのはコンパクトデジカメではなく、一眼レフデジカメという結論になりそうです。

4年ぶりの買い替え、いっちゃっても良いですか? 願わくば、CHONANの入学式に間に合えば良かったのに!

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較