一眼レフカメラ、そしてレンズのデータベースやユーザの作品検索などができる「GANREF」というサイトがオープンしてました。

2009-03-19_1750.png

カメラとレンズ約300機種をDB化、一眼レフ専門サイト「GANREF」という記事で知りました。

「機材DB」では、カメラとレンズ合わせて約300機種、1万8000項目以上のデータを収録する。検索機能では、本体の場合、メーカー名や価格、記録媒体、撮像素子、ファインダー、露出制御・ドライブなどの項目で絞り込める。レンズの場合、対応マウントや焦点距離などで絞り込み検索が可能だ

一眼レフを購入すると、ずぶずぶとレンズ沼に沈んでいくのですが、自分で使ってみるのが話が早いのですが、どんな写真が撮れるのかとか、撮影時の細かいデータとか、いろいろ知りたくなります、参考に。

新レンズの検討にはFlickrなども利用していたのですが、こうしてデータベースがきっちりと公開されるとありがたいですね。

無料のユーザー登録を行い、「GANREFクラブメンバー」になると、写真をアップロード・公開できる「ポートフォリオ」機能をはじめ、撮影記や機材レビューの投稿、持っている機材の登録、他のユーザーの「お気に入り」登録、ユーザー同士での「メッセージ」送受信機能などを利用できる。

ユーザ登録するとSNS機能も利用できるということです。

ちなみに「GANREF」は「ガンレフ」と読めばいいのでしょうか?

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較