オリンパス、デジタル一眼レフカメラ「E-620」は世界最小・最軽量という記事より。

オリンパスイメージングは2月24日、ボディ内手ブレ補正機構を搭載したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「E-620」を発表した。2009年3月下旬より発売する。

オリンパスから、世界最小・最軽量をうたうデジタル一眼レフカメラ「E-620」が発表されました。2009年3月下旬より発売開始、ボディのみで9万円前後ということです。

本体サイズが高さ94mm×幅130mm×奥行き60mm、重量が約475gという軽量コンパクト設計を採用。最大4EVステップの補正効果を持つ小型ボディ内手ブレ補正機構や、2軸可動式の2.7型液晶モニターを搭載している。

小さいながらもボディに手ぶれ補正機能を内蔵しているのですね。撮像素子は有効画素数1230万画素の「ハイスピードLive MOSセンサー」で、秒間4コマの連写が可能です。

ボディのみで9万円となると、初心者にはちょっと手を出し辛いでしょうかね、今時だと。

個人的には9万円でもいいので、マイクロフォーサーズ対応機を首をながーーーーーくして待ってますよ。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較