「写真を撮るのが好き」最多は20代女性という記事より。

ヤフーバリューインサイトは11日、同社が運営する市場調査サービス「C-NEWS」でインターネットユーザーにおけるカメラ利用動向の調査結果を発表した。11月28日~11月30日に中学生を除く15歳以上の1,000人から回答を得た。

デジカメ利用動向の調査結果が発表され、写真を撮ることが「好き」と回答したのが、

・20代女性 43%
・10代女性 38%

と、10代と20代の女性が平均を大きく上回っていることが明らかになったそうです。

男女別で見ても、

・男性 24.4%
・女性 30.2%

ということで、女性の方が「好き」という人が多いそうです。好きか嫌いかといえば、写真を撮影するのはぼくも大好きです。

また、最近一年間で最も頻繁に使用したカメラのタイプについては、全体の53%がコンパクトデジタルカメラ、40%がカメラ付き携帯電話と回答。

あー、携帯電話のカメラ機能が向上しているというのも、写真好きを増やす結果になっているのでしょうねぇ。常にデジカメを持ち歩いているようなものですもんね。

気になる一眼レフデジカメですが、

デジタル一眼レフカメラは6%にとどまった。

周りではものすごく増えているんですけど、やっぱり特殊なケースなのでしょうね。写真は好きだけど、重い一眼レフを持ち歩くほどでは‥‥というのはあるでしょう。ぼくも一眼レフは“ここぞ”という時だけですから。

デジタル一眼レフカメラは、30代が13%、40代と50代がそれぞれ10%と、30代以上の男性から支持を集めた。

やっぱり一つに子供が生まれる、とかあるんではないでしょうか。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較