マクロ、魚眼といったコンバージョンレンズが使える「ViviCam 5050」というトイデジカメをジェット☆ダイスケ@webdogから教えてもらいました。

2008-12-12_1454.png

あらー、こりゃまた好きな人にはたまらなそうなトイデジカメですねー。「ViviCam 5050」と言います。

サイトの解説によると、

ViviCam 5050は、Ultra Wide&SlimでおなじみのVivitar社が海外で発売している500万画素CMOSセンサー搭載、SDメモリーカード対応のコンパクトデジタルカメラです。

というデジカメなのだそうです。

名刺サイズということなので、けっこうコンパクトです。で、昔の写真のような味わいのある写真が撮影できるのが特徴です。

で、面白いのが「GIZMONレンズシリーズ」という、コンバージョンレンズです。

2008-12-12_1458.png

レンズの周りに金属シールを貼って、そこにカチャリとレンズを装着します。ナイスアイデアですね。

しばらく品切れだったようですが、再入荷して話題になっているみたいです。ただし、残念ながらホワイトモデルは品切れ。自分で買うなら間違いなくホワイトがいいです。

実際に撮影した写真などはcloud9science @Wiki - ViviCam5050で撮ってみたというエントリーで見ることができますが、なかなかしびれる色合いですし、マクロ撮影もいいですね。

1,980円の防水ハウジングまであったりします。

Vivitar ViviCam 5050ブラック

Vivitar ViviCam 5050パールホワイト

Vivitar ViviCam 5050用防水ハウジング

GIZMON フィッシュアイレンズ 0.38x

GIZMON マクロレンズ 4.0x

GIZMON ウルトラフィッシュアイレンズ