タカラトミーが、プリンタと一体になったデジカメ「xiao(シャオ)TIP-521」を2008年11月28日に発売します。

2008-11-07_1452.png

トイカメラ風の写真が撮れるということで「Xiaostyle」というデジカメにハマったことがあったのですが、似たようなところで感じで「xiao」が登場します。

デジカメなトイカメラ「Xiaostyle(シャオスタイル)」
「Xiaostyle(シャオスタイル)」ファーストインプレッション
「Xiaostyle」で写真を撮ってみた

「xiao」の特徴は、なんとプリンタを内蔵しているところです。ですから、ボディも意外に大きくて、本体の下にプリンタがついているイメージです。

取り外しができたりプリンタだけ売り出しても良かったんじゃないかという気もするのですが、あくまでもこの形状で提案したかった、ということなのでしょうね。

「Xiaostyle」の魅力はトイカメラ風に撮影できる写真だったのですが、果たして「xiao」の写り具合はどんな感じなのでしょうか。

カメラ性能としては、

・500万画素
・1/2.5型 CMOSセンサー
・固定焦点レンズ

などとなっています。今時のデジカメではないですね。

デジカメとプリンタが1つに 撮ったその場で印刷できる「xiao」によると、

デジタルカメラの画素数競争が続くなか、まったく違う“選ぶ基準”を提示する。そんなにスペックが必要なのか? とあえて申し上げる。

という、メーカーの中の人のコメントが紹介されています。

「後でメールするね」とか、画像共有サイトで見せあったりしますが、ちょっとした写真であればその場でプリントすると楽しいのは確かです。

まあ後は、

・持ち歩くにはちょっと大きそう
・ランニングコスト

というところでしょうか。

フォトペーパーは5(横)×7.5(縦)と名刺ほどの大きさで、裏面はシールになっている。米ZINK Imagingが開発した「ZeroInk」技術により、インク不要でプリントできる「ZINK紙」を使う。

本体価格は34,800円、専用フォトペーパーは20枚入りで880円だそうです。1枚あたりは44円ですか。本体がもっと安ければ子供用に買ってもいいかな、と思います。

タカラトミー xiao TIP-521 ブラック【送料無料・代引手数料無料】

タカラトミー xiao TIP-521 ブラック【送料無料・代引手数料無料】

タカラトミー xiao TIP-521 ブラック【送料無料・代引手数料無料】

個人的にはデジカメは手元にあるので、同じZinkを採用している「Polaroid PoGo」が気になるかなぁ。「iPhone」では使えないのでしょうけど‥‥。

2008-11-07_1618.png

■関連記事

その場でプリントできるデジカメ「xiao」、タカラトミーから

外形寸法は、74.5(幅)×149.5(高さ)×25ミリ(厚さ)で、レンズ部はさらに6ミリほど厚い。重量はバッテリー込みで約294グラム。電源はバッテリーおよび専用ACアダプターで、内蔵のリチウムポリマーバッテリーはフル充電で約52枚の撮影と約20枚のプリントが可能だ。