リコー、「Caplio GX100」のファームウェアを更新という記事より。

リコーは30日、コンパクトデジタルカメラ「Caplio GX100」のファームウェアを更新した。バージョン番号は1.51。

既に「GX200」が発売されているにも関わらず、まだ「GX100」のファームウェアアップデートをしてくれるリコーに感謝です。

リコーがユーザを大切に思ってくれると、ユーザもリコーのデジカメを大切に思えるという、とても良い循環を感じます。

変更点は、オート撮影モードからマイセッティングモードに切り替えた後、再びオート撮影モードに戻ると、ズーム位置が常に広角側になる不具合の修正。

既に発売から1年半以上が経過したモデルでありますが、ファームウェアアップデートは本当にありがたいことです。

「iPhone」もファームウェアアップデートで良くなりますし、製品を長く手元に置いておけるようになるのは良いですよね。結果的に、またリコーのデジカメを買おうと思いますよ。

ソフトウェアのダウンロードはコチラからどうぞ。

最近「GX100」を購入したシケさんから教えてもらったネタですが、ホットシューに取り付けるデジタル水準器があります。

Velbon デジタル水準器 アクション レベル Action Level

Velbon デジタル水準器 アクション レベル Action Level

これで「GX200」にまた一歩近づいた!

Amazonで「GX100」のVFキットが37,600円です。安い!

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT