リコー、Caplio GX100をテレコン対応にという記事より。

リコーは4日、コンパクトデジタルカメラ「Caplio GX100」のファームウェアを更新し、公開した。バージョン番号は1.50。

「Caplio GX100」がテレコンバージョンレンズ「TC-1」に対応するための、ファームウェアアップデートがリリースされています。

「GX200」が発売され旧モデルになってしまった「GX100」なのですが、こうしてファームウェアアップデートで新機能にもきちんと対応してくれるあたり、これがリコーのデジカメを使う安心感の一つと言えます。

で、そんな「Caplio GX100」も、今はAmazonでボディが44,800円で販売されています。在庫は3台です。

RICOH デジタルカメラ GX100 ボディ GX100BODY

RICOH デジタルカメラ GX100 ボディ GX100BODY

■関連エントリー

リコー「GX200」発表
今宵、リコー「GX200」購入を迷っている人に捧ぐ
「GX200」写真レポートの記事
自動開閉式レンズキャップ「LC-1」を「GX100」に装着(動画あり)
「GX200」歪み補正機能(ディストーション補正)はどうか?
某カメラショップで「GX100」の下取り価格を聞いてみた
「Caplio GX100」が気になる5つの理由
やっぱり「Caplio GX100」はいいな、と思う。
「Caplio GX100」は理想のデジカメか?
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)
24mm + 3倍ズーム + 手ぶれ補正「Caplio GX100」
「Caplio GX100」ステップズーム機能
「Caplio GX100」のスクエアモードはブログが生んだ