「GX200」には「ディストーション補正」という、広角レンズならではの歪みを補正する機能が搭載されました。

実際にどの程度の効果があるものなのか? 各画角で「ディストーション補正」をON/OFFした比較写真を掲載しているエントリーがあったのでご紹介です。

GX200 歪みについて-panoramaheadのブログ

2008-07-07_1605.png

ワイコンを取り付けた19mmから、テレコンを取り付けた135mmまでの比較を見ることが出来ます。

こうしてみると、50mmくらいでも多少の歪みがあることがよく分かります。

「GX200」のサイトで開設を見ると、次のように書かれていました。

通常は「ON」のままご使用いただけますが、ONの場合は画角がごくわずかですが狭くなります。

常時ONが良いのか、それとも必要に応じてONが良いのでしょうか。

RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200

RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200

RICOH デジタルカメラ GX200 VFキット GX200 VF KIT

RICOH デジタルカメラ GX200 VFキット GX200 VF KIT

RICOH 自動開閉式レンズキャップ LC-1

RICOH 自動開閉式レンズキャップ LC-1

RICOH ソフトケース SC-45

RICOH ソフトケース SC-45

■関連エントリー

リコー「GX200」発表
今宵、リコー「GX200」購入を迷っている人に捧ぐ
「GX200」写真レポートの記事
自動開閉式レンズキャップ「LC-1」を「GX100」に装着(動画あり)
某カメラショップで「GX100」の下取り価格を聞いてみた
「Caplio GX100」が気になる5つの理由
やっぱり「Caplio GX100」はいいな、と思う。
「Caplio GX100」は理想のデジカメか?
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)
24mm + 3倍ズーム + 手ぶれ補正「Caplio GX100」
「Caplio GX100」ステップズーム機能
「Caplio GX100」のスクエアモードはブログが生んだ