オリンパス、小型デジタル一眼レフカメラ「E-420」を発売という記事より。

オリンパスイメージングは、「E-410」の後継機として、薄く小型のデジタル一眼レフカメラ 「E-420」を2008年4月中旬から発売すると発表した。

小型軽量で売り出した「E-410」の後継モデルが登場します。ボディ価格は6万円前後とのこと。

ハイエンドなコンパクトデジカメと、低価格の一眼レフ。競合しなそうで、けっこう競合するような気も。

やはり小型軽量ということで「E-410」は女性に人気だったそうです。

「E-410」は、昨年5月に発売され、小型軽量なボディで人気を博した。ライブビュー機能も好評で、購入者のうち17%近くを女性が占めたという。

数字にも現れています。

ボディサイズは全く同じものの、重量では「E-410」は5gほど重くなっているということです。ほとんど気にならない範囲です。

それにも増して、

E-420で変更された点としては、コントラスト検出式オートフォーカス(AF)の搭載、液晶モニターの大型化、顔検出機能の搭載とそれに伴う階調コントロール機能などがある。

液晶モニターの大型化や顔検出機能というのき、ユーザからしてみると嬉しい機能追加ではないでしょうか。

おかげさまで「GX 100」を使っていると、デジタル一眼レフカメラ欲みたいなのが薄れているんですね。

・ステップズームで単焦点レンズのような使い勝手
・F2.5と明るいレンズ
・24mmの広角レンズ

などなど、とりあえず持ち歩いていろいろ撮るには十分なのです。いざという時にもズームがありがたいですしね。

と思っているのですが、さすがにパンケーキレンズはヤバいだろう‥‥。

ともすれば「R8でも‥‥」なんてことも思っていたのですがね‥‥。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

さらに鮮やかなオリンパスブルー――世界最小デジタル一眼レフ「E-420」

同社のフラッグシップ機「E-3」の画質性能を目標にしたという「E-420」。撮像素子には新開発の4/3型有効1000万画素「新 Live MOS センサー」を採用し、従来モデルよりもダイナミックレンジを拡大した。

オリンパス、AFライブビューを新採用--コンパクトなデジタル一眼レフカメラ「E-420」

薄型ながら手にフィットするグリップ形状、約380gの軽量ボディなどにより、気軽に持ち歩ける仕様となっている。