Vista Quest(ビスタクエスト)の「 VQ1005」というトイデジカメがあることを知りました。

vq15000_toy_digicame_1.png

胃袋」で集中的にエントリーされていたので気になってしまいました。

「Genie III」をマクロモデルに改造してみた
赤い「VQ1005」届く
「Genie III」で撮った写真を加工してみた

何がいいって、まずはそのサイズ。

幅6cm x 奥行2cm x 高さ3.8cmってどんだけー。タバコの半分で、まさにキーホルダーです。重さも15gです。

で、小さいだけでなく、撮影できる写真がこれまた味のある。「LOMO」などのトイカメラ風の写真が撮れる訳です。Flickrで見ても良い感じ。

そして!

価格も4,680円となかなかお手頃。

ファインダーを覗いて撮影するのですが、液晶がないので確認はできません。このあたりはフィルムカメラっぽさがあります。

バッテリの持ちとかどうなんだろうと思って調べたら「VQ1005 | Genie III world」という素晴らしいサイトがありました!

vq15000_toy_digicame_11.png

海外のサイトで見ましたが、高性能の単四(AAA)アルカリ乾電池でも「8 時間ももたねーじゃんか!!」とお怒りになっている方がいるくらいで、バッテリーの減りには十分ご注意ください。
背面のステータス・ディスプレイ右横に縦長のモードボタンがあるので、3 秒押し続けます。 「ピッ」というビープ音が準備 OK の合図です(ディスプレイになにやら表示されます)
(ファインダーは)まったくアテになりませんので、覗いて「オレ(私)は撮影してるんだ」と主張する以外は不要な動作となりますのでご注意ください。
2 秒じっとしているのは正直きついです。狙った獲物(?)が2 秒そこにとどまっているよう祈るのも正直しんどいです

やっぱりバッテリの持ちはあまりよろしくなくて、シャッターが切れるまでタイムラグもあって、ファインダーもやっぱり飾りで‥‥と何かと不便そうなのですが、撮れる写真は味があるんですねぇ。

小さくてオモチャみたいなものだから、一つくらいはカバンに忍ばせておいてもいいかな、という気もしますが。

動画もこんな具合に‥‥

やはり味がありまくりです。

けっこうそそられますね‥‥。

海外のデジカメで、日本だと楽天市場で購入が可能でした。ただし、いつでも在庫がある訳ではないみたいです。

Vista Quest(ビスタクエスト) VQ1005 トイデジカメ ブラック

Vista Quest(ビスタクエスト) VQ1005 トイデジカメ ブルー

Vista Quest(ビスタクエスト) VQ1005 トイデジカメ レッド

Vista Quest(ビスタクエスト) VQ1005 トイデジカメ ピンク

■関連エントリー

トイデジカメ「VQ1005」が楽しそう!
トイデジカメ「VQ1005」が届いた!
「VQ1005」ファーストインプレッション
「VQ1005」は“おもしろひどい”トイデジカメ!