ニコン、センサークリーニングを搭載したエントリー一眼レフ「D60」という記事より。

2007年3月発売の「D40x」の後継機種。撮像画素数はそのままに、イメージセンサークリーニング機構を備えた。そのほか、アクティブD-ライティングやアイセンサーなどの新機能を搭載している。

ニコンは次々にラインナップを投入してきますね。それが戦略的に当たっているのでしょうね。

ということで「D40x」の後継ということで「D80」と「D40」の間を埋める機種となるそうです。確かに「D40」と「D40x」が併売されていると分かりにくかったですね。

「D300」に続く、ゴミやほこりを払い落とす「イメージセンサークリーニング」を搭載しています。

さらに、

D3、D300と同様の「アクティブD-ライティング」を装備。明暗差の激しい場所の撮影でも、白トビや暗部のツブレを軽減し、見た目に近いコントラストの画像を得ることができるという。

上位モデルで搭載されていた機能も。

派手な進化はないですけど、地味によくなっていますね。それは「EOS Kiss X2」も同じですね。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較