三洋、ポケットサイズのハイビジョンムービーデジカメ「Xacti DMX-HD700」という記事より。

三洋電機は、ハイビジョン対応のデジタルムービーカメラ「Xacti DMX-HD700」を、10月19日より発売する。

ハイビジョンで撮影できるのは、きっと映像はきれいなんだろうと思いつつも、ハードディスクの容量がどんどん消費されてしまう心配があります。

用途もYouTubeにアップするのがメインなので、防水Xactiで十分だったりするのですが、子どもの映像を残すという意味では、興味がない訳ではありません。

Xactiには1080i撮影が可能なDMX-HD1000がラインナップされているが、本機では720pとすることで、ハイビジョン対応ながら本体を小型化し、持ち運びやすくした。

なるほどねぇ。どのくらいのファイルサイズになるのかな。本体が小さいというのは良いですが。

「PCで扱いやすいデータサイズとすることで、ブログなどでの活用を見込む」とも書かれています。

本体サイズは73.7×35×109mm(幅×奥行き×高さ)、電池と記録媒体を含む重量は約214g。本体色はブラウン、レッド、シルバー。

価格は7万円前後の見込みだそうです。

SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD700 レッド DMX-HD700(R)

SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD700 レッド DMX-HD700(R)

SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD700 ブラウン DMX-HD700(T)

SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD700 ブラウン DMX-HD700(T)

SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD700 シルバー DMX-HD700(S)

SANYO ハイビジョン デジタルムービーカメラ Xacti (ザクティ) DMX-HD700 シルバー DMX-HD700(S)

■関連記事

スリムになったハイビジョン“Xacti”「DMX-HD700」

2月に登場した「DMX-HD2」の後継機。基本フォルムは踏襲しつつ、女性ユーザーにも訴求できるようグリップ部を中心にボディをスリム化。体積は171ccと約16%、重量も本体のみで約189グラムと1割のダイエットに成功した。