パナソニック、顔検出AFを備えたデジタル一眼レフ「LUMIX DMC-L10」という記事より。

パナソニックは、フォーサーズ規格準拠のデジタル一眼レフカメラ「LUMIX DMC-L10」と交換レンズ「Leica D Vario-Elmar 14-50mm F3.8-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」をセットにしたレンズキットを10月26日に発売する。

パナソニックから、ペンタ部とグリップがついて、いわゆる一眼レフっぽいスタイルのデジカメ「LUMIX DMC-L10」が登場します。LUMIXブランドですよ。

レンズキットは15万円前後の見込みということで、最近だと中級機くらいの価格帯になるでしょうか。なおボディのみは11月22日に発売予定です。

2006年に発売された「LUMIX DMC-L1」に続く、一眼レフデジカメ第2弾となります。

特徴は次の通りです。

・ライブビューを利用した顔認識AF/AE機能
・マルチエリアAFやインテリジェントISO感度コントロール
・液晶モニターはバリアングルタイプ

これまでのコンパクトデジカメの良かった機能を、一眼レフに取り込んでいるあたり、流石ですね。

ザッと写真を見た印象だと、FZシリーズと操作系も似ているのかな、と思いました。気になるボディ重量は約480gです。

LUMIXシリーズを利用していた人たちが、ステップアップしていくのを狙っているということなのでしょうね。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

パナソニック、手ブレ補正ズームレンズ「Vario-Elmar」2モデル

パナソニックは、フォーサーズ準拠のデジタル一眼レフカメラ用交換レンズ「Leica D Vario-Elmar 14-50mm F3.8-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」と、「Leica D Vario-Elmar 14-150mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」を10月28日より順次発売する。