パナソニック、顔認識搭載の18倍ズーム機「LUMIX DMC-FZ18」という記事より。

DMC-FZ8の後継モデルにあたる高倍率ズーム搭載機。35mm判換算で28〜504mm、F2.8〜4.2の光学18倍ズームレンズをLUMIXシリーズとして初めて採用した。

「DMC-FZ8」の後継として発売される「LUMIX DMC-FZ18」ですが、型番が二桁になったのは意味がある。

ということで「FZ18」だから、ということではないでしょうが、なんと18倍ズーム搭載だそうです。35mm換算で504mmですよ。恐るべし。

手ぶれ補正も引き続き採用ということですが、18倍を覗いているとどんな感じになるのでしょうね。ちょっと興味あります。一眼レフとは明確な差別化です。

しかも、

撮像素子の中心部を切り出すことで画質を劣化させずにズームを行なう「EX光学ズーム」(300万画素以下時)が、FZ8の最大18.3倍から28.7倍に引き上げられている。

28.7倍って!

ISO6400ってどないやねん。シーンを自動的に判断してくれる「おまかせiA」もなかなか良さそうなのですが‥‥。

ただ、ちょっとデザインがあまり好きでなくなってしまったんですよね。レンズがせり出してくるというスタイルが‥‥。もちろん電源オフの時に小さくなるんですけどね。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較