ペンタックス、ゴミ除去機能搭載一眼レフ「K100D Super」という記事より。

ペンタックスは、デジタル一眼レフカメラ「K100D Super」を7月12日より発売する。

「K100D Super」ですよ。スーパー!

2006年7月に発売されたデジタル一眼レフカメラ「K100D」の後継機ということで、マイナーバージョンアップといった趣きでしょうか。

違いは、

CCD表面のゴミの付着を防ぐ“DR(Dust Removal)”の搭載、レンズ内に搭載された超音波モーターによるAF機構“SDM”とSDHCメモリーカードの対応、外部電源供給端子を新設、など。

となっています。ダストリダクションは大きいですね。

とはいえ、画素数が610万画素のままというのはどんなもんでしょうか。ぼくもあまり画素数にはこだわらないタイプではあるのですが。

一眼レフデジカメも、なかなか特徴が出しにくくなっているのですが、次の目玉にはどんなのが控えているのでしょうね。

■デジカメ比較・価格比較

楽天デジカメ市場(比較検索が便利)
Amazonでデジカメ比較

■関連記事

ペンタックス、ゴミ除去機能付きのデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K100D Super」

ISO3200に対応したオート感度設定機能や、被写体や状況に合わせた設定を自動的に行うオートピクチャーモードが搭載されており、手軽に使えるのも特徴だ。

ペンタックス、ゴミ除去機能搭載デジタル一眼「PENTAX K100D Super」発表

本体サイズはK100Dと変わらず129.5(W)×92.5(H)×70(D)mmだが、重量は570g(本体のみ)と10g多くなった。

ペンタックス、ゴミ除去機能を備えた「K100D Super」

価格はオープンで、ボディのみの実売想定価格は7万円台半ば。ズームレンズ「smc PENTAX-DA 18-55mm F3.5-5.6 AL」をセットにした「レンズキット」が9万円前後。