【インタビュー】スクエアモードはブログ文化が生んだという記事より。

ハイエンドデジカメとしては異例のヒット作となったGR DIGITALに続いて、リコーがハイエンドデジカメ市場に投入したCaplio GX100。24mmからの広角ズーム、着脱式EVF、1:1の正方形フォーマットなどの興味深い装備はどのように生まれたのだろうか。

「Caplio GX100」の開発者たちに聞くインタビュー記事です。いやー、興味深いです。興味深すぎ。ますます「Caplio GX100」が好きになります。

いくつか気になったポイントをピックアップしておきます。

・GRDは高画質と携帯性にこだわりGX100はズームレンズなど表現力にこだわり
・GRDはストリートスナップ向けGX100はじっくり構えて撮るカメラ
・ボディサイズよりも握りやすさを重視
・ファームウェアによる機能拡張の計画は今のところない
・GRDで要望のあった電池室のツメを新設
・デザインを一眼レフカメラっぽくまとめたかった
・ディストーションをデジタルで補正することは考えなかった
・PCでユーザの意図で補正して欲しい
・GRDは素材性重視の絵作りGX100は彩度を高くして見栄え良く
・ノイズを潰して不自然になるよりはノイズを残す

正直なところ「Caplio GX100」はサイズもそれほどコンパクトではないし、EVFを取り付ければカバンからの出し入れも不便、レンズキャップもあったりで、便利なカメラではないと思っています。

しかもノイズも多いし、絵もGRDと比較するとビビッドだと思っていたのですが、どれもこれもそれもこれも、きちんと裏付けがあり、開発陣が意図したことであったことが分かり、なるほどという思いです。

「Caplio GX100」があれば「GR DIGITAL」がいらなくなるかと思いきや、決してそうではなく、書かれているようにストリートスナップや暗所で料理を撮影するときなどは、やはり「GR DIGITAL」だな、と思います。

似ているようで似ていない。見事に棲み分けがされているのですね。

そして最も良いと思ったのはここ。

なぜ1:1のスクエアフォーマットが生まれたのか?

ちょうどEVFのチルト機構を検討している時期が重なったのもありますが、GRDブログで、画像を1:1にトリミングしているユーザーがよくいらっしゃったのが契機です。1:1には、ブログで写真を大きく見せられるというメリットがあります。ブログは縦長の空間で写真を見せますから、大きく見せようと思うと縦位置の写真が増えます。GRDブログのトラックバックには縦位置写真が多いんですね。で、1:1ならわざわざ縦位置に構える必要もなくなる。1:1は、ブログの文化が浸透したからこそ出てきたフォーマットではないでしょうか。

確かに1:1はブログに収まりが良いのです。収まりが良いので、ブログ用にはほとんどスクエアサイズで撮影しているほどです。コレとかコレとか。

ブログから生まれたんだから、ブログに収まりが良いというのも当たり前な訳ですね。

【新製品レビュー】リコー Caplio GX100と併せて「Caplio GX100」に興味を持っている人は必読ですよ!

楽天市場で「Caplio GX100」を探す

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT(Amazon)

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT

■関連記事

24mm + 3倍ズーム + 手ぶれ補正「Caplio GX100」
「Caplio GX100」が気になる5つの理由
「Caplio GX100」続・気になるところ
「Caplio GX100」は理想のデジカメか?
写真で「Caplio GX100」と「GR DIGITAL」を比較
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)
「Caplio GX100」でお散歩写真
「Caplio GX100」写真追加(銀座・埼玉スタジアム)
「Caplio GX100」ステップズーム機能
「Caplio GX100」はピント合わせが難しい?
「Caplio GX100」EVFが壊れた?
「Caplio GX100」専用ケース購入
「Caplio GX100」ネックストラップ購入