リコー、「Caplio GX100」の最新ファームウェアという記事より。

リコーは11日、コンパクトデジタルカメラ「Caplio GX100」のファームウェアを更新した。バージョン番号は1.13。

「1.12」のファームウェアアップデートに続き、もう「1.13」がリリースされました。

ファームウェアアップデートはありがたいのですが、前回から1週間と経過していないので、まとめてでも良かったのでは‥‥とも思いますが、ここはリコーの心意気と受け止めておきたいと思います。

修正内容は、

・通常AF時におけるレンズ制御の安定性が向上
・RAWでシャッタースピードを15秒以上の時の不具合解消
・レンズキャップをつけたまま起動した時の不具合解消
・モード切り替え後のステップズームの不具合解消

などとなっています。これは間違いなくアップデートした方が良さそうですね。

発売直後はやや不具合らしきものも感じていたのですが、こうしてファームウェアアップデートしてくれるのがリコーの良さだと思っています。「GR DIGITAL」しかり。

今回もWin版、Mac版が用意されています。

楽天市場で「Caplio GX100」を探す

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT(Amazon)

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT

■関連記事

24mm + 3倍ズーム + 手ぶれ補正「Caplio GX100」
「Caplio GX100」が気になる5つの理由
「Caplio GX100」続・気になるところ
「Caplio GX100」は理想のデジカメか?
写真で「Caplio GX100」と「GR DIGITAL」を比較
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)
「Caplio GX100」でお散歩写真
「Caplio GX100」写真追加(銀座・埼玉スタジアム)
「Caplio GX100」ステップズーム機能
「Caplio GX100」はピント合わせが難しい?
「Caplio GX100」EVFが壊れた?
「Caplio GX100」専用ケース購入
「Caplio GX100」ネックストラップ購入