スポンサードリンク

「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)

スポンサードリンク

まずは「GR DIGITAL」と仲良く写っているところから。

Img 8044

スポンサードリンク

Img 8047

Img 8050

Img 8048

Img 8055

写真を見た感じでは分かりにくいかもしれませんが、実際に手に取ると厚みや重さはけっこう違います。当然「Caplio GX100」がやや大きいです。

「GR DIGITAL」がポケットにスルリと入れる感じとすれば、「Caplio GX100」はややズッシリとしていて、首から下げるスタイルが似合う気がします。

次は「Caplio GX100」の大きな特徴であるEVFです。いわゆる「液晶ファインダー」です。

Img 8056

専用のケースに入っています。ケースはストラップに付けられるようになっています。

Img 8057

カバーを外すとこのような接点があります。面白いのは、本体とEVFとそれぞれ保証書があるのです。

そしてEVFを取り付けたところ。

Img 8059

Img 8060

このスタイルが「Caplio GX100」の独特の雰囲気を醸し出していますね。最初は焦点が合わなかったのですが、アイカップ部分を回転させることで調節が可能です。

ちなみにレンズキャップを付けたまま電源を入れると警告がでます。外すとレンズがせり出すようになっています。

基本的な操作感は「GR DIGITAL」と同じですが、気になっていたのがステップズーム機能です。決まった焦点距離をズームできるというもので、これが単焦点レンズを交換するような感じなのではないかと思っていました。

Img 8061

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、液晶画面の左側にズームが刻まれています。右手の親指が当たるところにある右側のレバーで、焦点距離を切り替えます。

ジーというリコー独特の機械音とともに切り替わります。スピードに関しては特に不満はないです。

「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)

楽天市場で「Caplio GX100」を探す

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT(Amazon)

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT

■関連記事

24mm + 3倍ズーム + 手ぶれ補正「Caplio GX100」
「Caplio GX100」が気になる5つの理由
「Caplio GX100」続・気になるところ
「Caplio GX100」は理想のデジカメか?
写真で「Caplio GX100」と「GR DIGITAL」を比較
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)
「Caplio GX100」でお散歩写真
「Caplio GX100」写真追加(銀座・埼玉スタジアム)
「Caplio GX100」ステップズーム機能
「Caplio GX100」はピント合わせが難しい?
「Caplio GX100」EVFが壊れた?
「Caplio GX100」専用ケース購入

スポンサードリンク

前へ

「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)

次へ

「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)