リコー、24mmからのズームと手ブレ補正機構搭載の「Caplio GX100」という記事より。

Caplio GX100は、撮像素子に1/1.75型有効1,001万画素CCD、レンズに35mm判換算で24〜72mm、F2.5〜4.4の3倍ズームレンズ、2.5型約23万画素液晶モニターなどを搭載する。

リコーから‥‥

・24〜72mm(F2.5〜4.4)の3倍ズーム
・着脱式の液晶ビューファインダー
・CCDシフト方式手ブレ補正

などの機能を搭載した「Caplio GX100」が発表されました。2007年4月20日発売予定、価格は8万円前後の見込みだそうです。

見た目が非常に「GR DIGITAL」と似ています。特に背面の操作系は、ほとんど「GR DIGITAL」と同じと言っても良さそうです。乗り換えてもすぐに使いこなせそうですね‥‥。

「Caplio GX100」と「GR DIGITAL」の違いで個人的に気になるのは以下のような点です(前者がGX100)。

・3倍ズームか単焦点か
・広角のF値が2.5か2.4か
・手ぶれ補正があるかないか
・重さが220gか170gか

「GR DIGITAL」も単焦点という割り切りがすごく好きなのですよ。こまめにファームウェアアップデートもしてくれるし、何より安心感があるし。

それだけに、同じくリコーが作った「Caplio GX100」が気になるんですよね。

価格も8万円と決して安くはないです。しかし視野率100%の着脱式液晶ビューファインダーも気になります(「GR DIGITAL」も着脱式のファインダーはありますけど)。

絞り羽根も「GR DIGITAL」と同じらしいんですよね。ワイコンつけると広角が19mmですか‥‥。「GR DIGITAL」よりも、やや硬質な感じのデザインもいいですねぇ‥‥。うーん、しびれるなぁ‥‥。

リコー、「Caplio GX100」の発表会を開催で、さらに発表会の様子が読めます。

GR DIGITALユーザーからは、より広角のレンズ、標準域のレンズ、ズームレンズを求める声が多く、高機能なファインダーといった要望もあったという。

こうした点をふまえて、GX(多機能) x GR(高画質)として誕生したのが「Caplio GX100」なのだとか。そうだよ、そうなんですよ。ユーザの「欲しい」がそこにあるのですよ。

そして「ズームして被写体に近づくことで、綺麗なボケも得られると」もポイントかも。

ヤバイヤバイヤバイ!

追記:

24mm + 3倍ズーム + 手ぶれ補正「Caplio GX100」
「Caplio GX100」が気になる5つの理由
「Caplio GX100」続・気になるところ
「Caplio GX100」は理想のデジカメか?
写真で「Caplio GX100」と「GR DIGITAL」を比較
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(1)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(2)
「Caplio GX100」ファーストインプレッション(3)

楽天市場で「Caplio GX100」を探す

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT(Amazon)

RICOH Caplio (キャプリオ) GX100 VF KIT

■関連記事

リコー、高級デジカメ「Caplio GX100」--着脱式の液晶ビューファインダーを採用

有効1001万画素の高性能CCDと独自の画像エンジン「スムースイメージングエンジンII」により、高画質かつ低ノイズの撮影が行えるのも特徴だ。

着脱式EVF&24ミリズーム「Caplio GX100」

着脱式EVFの採用はデジタルカメラでは初めてという。視野率100%で各種情報を表示し、チルト機構によりさまざまなアングルでの撮影にも対応できる。

デジカメ初“着脱式液晶ビューファインダー”リコー「GX100」

ボディ上面にモードダイヤルを装備したほかボディ前面にはアップダウンダイヤル、ボディ背面にはADJ.レバー、ボディ上部にはファンクションボタンなどと、片手ホールドで絞り/マニュアル露出/ホワイトバランス調整/ISO感度変更などの多彩なマニュアル設定が可能。