【PMA07】オリンパスE-410をさわってみたという記事より。

PMA会場ではさすがに実機による撮影はかなわなかったが、直接手にとって操作することが可能であった。ここではまず、E-410のレポートをお届けする。

いやー、やばいです。個人的には軽量というのはかなりグッとくるポイントなのですが、「OM-1」との比較とかたまらないですね‥‥。

いくつか気になるポイントをまとめると‥‥

・ライブビューが可能
・E-410はわずか375g
・デジタル一眼レフとしては異例の小型軽量
・ファインダーの見え方がよくなっている
・シャッターを切った感触もなかなか良好

ということで、かなり良好な印象です。あとはフォーサーズレンズ次第、というところでしょうか。で、いくらでしたっけ。Amazonで本体のみが9万円かー。安くはない、と。

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 ボディ本体

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 ボディ本体

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 レンズキット ED14-42mm F3.5-5.6 付

OLYMPUS デジタル一眼レフカメラ E-410 レンズキット ED14-42mm F3.5-5.6 付

■関連記事

【PMA07】オリンパスE-510をさわってみた

内部デバイスはその多くがE-410と同じなので、シャッターを切ったときの感触はE-410と変わりはなく、このクラスとしてはレスポンスよく、かなりシャキシャキと動いてくれる。